2017年01月02日

トリ来てサル去る 沖縄こどもの国でえと引き継ぎ式【琉球新報2017年1月2日】(リュウキュウオオコノハズク)

ピグミースローロリスの「ヒナ」(右から2番目)からリュウキュウオオコノハズクの「セブン」(右から3番目)=2日午後、沖縄市胡屋の沖縄こどもの国
 【沖縄】沖縄市胡屋の沖縄こどもの国で2日、「新春初まつり2017」が開かれ、昨年の干支(えと)の「申(さる)」から「酉(とり)」への引き継ぎ式が開かれた。来場者は、ピグミースローロリスの「ヒナ」からリュウキュウオオコノハズクの「セブン」にたすきが渡される様子を温かい目で見守った。
 式に先立ち、とり年生まれのスタッフ4人が沖縄在来のニワトリ「チャーン」に扮(ふん)して舞台に登場し、「コケッ、ケー」と鳴き比べを披露してとり年の幕開けを祝った。続いて、ゾウの琉花が書き初めを披露した。鼻で持った筆で、漢字とひらがなで「とり」と書き上げ、来場者から喝采を浴びた。
 琉花の作品をプレゼントされた上間浩美さん(35)=石垣市=は「親子でとり年。家族が健康で過ごせる1年にしたい」と話した。娘のえあさん(11)は「楽しい1年にしたい」と恥ずかしそうに話した。
 高田勝園長は「さる年で上った高いところから、とり年ではさらに高く飛び立とう」とあいさつした。【琉球新報電子版】
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-421115.html

「さる」からバトン受け「とり」 沖縄こどもの国でえと引き継ぎ式【沖縄タイムスプラス2017年1月2日】
 沖縄市の沖縄こどもの国で2日、新年の幕開けを祝う「新春初まつり」があり、動物たちによるえとの引き継ぎ式が開かれた。サルの仲間でピグミースローロリスの「ひな」と、リュウキュウオオコノハズクの「セブン」が顔を合わせ、昨年の「申(さる)」からことしの「酉(とり)」へ、えとをバトンタッチした。

ことしのえと「酉」を代表して登場したリュウキュウオオコノハズクのセブン(左)と、昨年の「申」代表のピグミースローロリスの「ひな」(右)=2日、沖縄市胡屋、沖縄こどもの国 拡大する

 式では、ゾウの琉花が鼻で筆を持ち、書き初めを披露。器用に「トリ」と書き上げ、とり年生まれの来場者らに作品をプレゼントした。書き初めをもらった瀬戸口晴美さん(47)=沖縄市=は「明るい気持ちになれた。健康で楽しい1年にしたい」と喜んでいた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/78310

http://archive.is/GdAEd
http://archive.is/1nxWr

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: