2017年01月23日

金沢・横安江町に県内初のフクロウカフェ 8匹のフクロウと触れ合い&写真撮影【金沢経済新聞2017年1月23日】(既報1ソース)

店長の辻さんとベンガルワシミミズク

 金沢の横安江町商店街に1月7日、「ふくろうcafe金沢」(金沢市安江町、TEL 076-256-0296)がオープンした。

【パノラマVR】横安江町商店街にオープンした「ふくろうcafe金沢」

 昨年夏、福井県で開業した「ふくろうcafe」の2号店。福井店では、石川県からの来店も多かったため、より近くでたくさんの人に楽しんでもらおうと金沢でも開業することにした。店舗は、説明などを行うカフェスペースとフクロウとの触れ合いスペースから成る。

 店内では、ベンガルワシミミズク、メンフクロウ、アフリカオオコノハズクなど7種類8羽のフクロウが出迎え、来店者は、手や肩、頭に載せて触れ合ったり、写真を撮ったりすることができる。

 入店は1時間総入れ替え制で、事前説明(10分)の後、触れ合いタイム(40分)があり、最後の10分間で入れ替えを行う。触れ合う際は、「頭などをなでる時は手の甲で優しく触ること」「手や肩に載せる時はスタッフが指示する持ち方や姿勢を守ること」「強い光に弱いためフラッシュ撮影は禁止」などが注意点だという。

 福井店の立ち上げから関わる店長の辻フミヤさんは「柔らかい毛並みと愛嬌(あいきょう)のあるしぐさが魅力。慣れてくると、それぞれの個性も分かってくる」と話す。「当店のフクロウは人の手によって育てられているので人懐っこい。子どもから大人まで興味のある方は触れ合って、フクロウの魅力を感じてもらいたい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時〜20時。水曜定休。料金は1人2,000円(ワンドリンク付き)。15歳以下は1,700円。
http://kanazawa.keizai.biz/headline/2760/

金沢にフクロウカフェ 7日、横安江町商店街に開店【北國新聞2017年1月4日】
フクロウと気軽に触れ合うことのできるカフェ=金沢市安江町

 手乗りサイズのフクロウと触れ合うことができる「フクロウカフェ」が7日、金沢市の横安江町商店街にオープンする。店代表の本明茂人さん(43)が昨年8月、地元の福井市に店を構えたところ、石川から訪れる客が4割近くを占める人気ぶりだったため、金沢進出を決めた。今年の干(え)支(と)が「酉(とり)」であることもあり、本明さんは「愛鳥家の癒やしになってほしい」と期待を込める。

 金沢市安江町の「ふくろうcafe金沢」は、木造2階建て家屋の1階部分となる。店内には20〜30センチのベンガルワシミミズク、メンフクロウ、アフリカオオコノハズクなど7種類8羽のフクロウを用意し、来店者は手や肩に乗せたり、写真を撮ったりすることができる。

 店内は木の葉の飾りなどで、森の空間をイメージした造りになっている。来店者はマントを着て、映画「ハリー・ポッター」の登場人物になりきって楽しむこともできる。コーヒーなどソフトドリンクを提供する。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20170104401.htm

http://archive.is/aRfmR
http://archive.is/3Ojfo

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: