2017年01月05日

<鳥インフル>岩手で3羽 高病原性検出【河北新報オンラインニュース2017年1月5日】(確定検査結果)

 岩手県は4日、一関、花巻、大船渡各市で昨年12月21〜22日に回収したオオハクチョウなど3羽の死骸を北海道大で確定検査した結果、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
 県内ではほかに、盛岡市緑が丘でオオハクチョウ1羽の死骸が見つかっており、同大で確定検査をしている。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170105_33017.html

http://archive.is/CnoI5
<鳥インフル>岩手3市の3羽 簡易検査陽性【河北新報オンラインニュース2016年12月28日】

posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: