2017年01月05日

餌やり自粛呼び掛け ユリカモメ飛来 浜名湖佐久米駅【静岡新聞アットエス2017年1月5日】(鳥インフルエンザ)

ユリカモメへの餌やりの自粛を求める看板=4日午後、浜松市北区三ケ日町の天竜浜名湖鉄道浜名湖佐久米駅
 全国で鳥インフルエンザの感染が相次ぐ中、天竜浜名湖鉄道は2016年末から、静岡県の要請を受け、ユリカモメの飛来で知られる浜名湖佐久米駅(浜松市北区三ケ日町)での餌やり自粛を呼び掛けている。一方、自粛を知りながら餌を与える観光客もいて、県自然保護課は「感染拡大の恐れがある」と注意する。
 同駅は10〜4月に越冬のためユリカモメの大群が飛来する。同課によると、一度に鳥が集まると、野鳥間で感染リスクが高まる恐れや、感染した野鳥のふんを踏んだ観光客がウイルスの運び役になる可能性があるという。
 茨城県でユリカモメの感染があったことなどから県が天浜線に対応を求めた。天浜線は餌やり自粛を呼び掛ける看板を駅舎とホームに設置。駅構内の喫茶店も観光客への餌の販売を中止した。
 ただ、県や天浜線の危機感は浸透していない。持参した餌を与えた男性は「長年の餌付けでカモメは自然と集まる。今更しょうがないのでは」と話す。同課の担当者は「餌を与えなければ野鳥も学習する。協力してほしい」と理解を求めた。
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/316377.html

http://archive.is/1Oqkp
静岡 鳥インフル対策確認 県が臨時会議【中日新聞2017年1月5日】
豊橋で鳥インフル陽性 野鳥監視区域に浜松、湖西【静岡新聞アットエス2017年1月4日】
野生のヒドリガモ、簡易検査でインフル陽性 愛知・豊橋【朝日新聞デジタル2017年1月4日】(他3ソース)

posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: