2017年01月09日

鳥インフル感染被害が収拾へ、政府が発表【NNA ASIA2017年1月9日】(鳥インフルエンザ/韓国)

韓国農林畜産食品本部は9日、H5N6型高病原性鳥インフルエンザ(AI)の感染拡大による被害が収拾に向かっていると発表した。 2016年11月17日に忠清北道陰城などでAI感染が確認されてからこれまで、全国の養…
http://www.nna.jp/articles/show/1556081

政府 生きている地鶏58万羽の買収に【KBS WORLD Radio2017年1月9日】
韓国政府は、高病原性鳥インフルエンザの感染が拡大していることを受けて、全国の養鶏場から生きている地鶏58万羽を買収する計画を明らかにしました。
農林畜産食品部によりますと、買収は、10日から行う予定だということです。
韓国では、鳥インフルエンザの感染拡大を受けて、去年12月17日以来、生きている地鶏の売買が禁じられており、地鶏の飼育農家が大きな被害を受けていました。
政府は、地鶏の買収やと畜、冷凍保存のために42億2000万ウォンの予算を投じる予定です。
政府が飼育農家から生きている地鶏を買収するのは、8年ぶりです。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?lang=j&id=Ec&No=62092¤t_page=

http://archive.is/rS0pp
http://archive.is/grs03
【ビジネス解読】史上最悪を2倍超も更新 鳥インフル大国・韓国 「日韓でなぜ違うのか」報道やネットで自国の防疫体制に疑問【産経ニュース2017年1月6日】

posted by BNJ at 21:17 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: