2017年01月10日

野鳥、鳥インフル陽性 山口の維新公園周辺【山口新聞2017年1月11日】(ホシハジロ/他3ソース/確定検査待ち)

環境省と山口県は9日、山口市の維新公園周辺で見つかったカモ科の野鳥ホシハジロ1羽の死骸を検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。今後、鳥取大学で確定検査を実施。周囲10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、監視回数を増やすなど体制を強化する。

県自然保護課によると、同日午前8時ごろ、「会社敷地内で野鳥が死んでいる」と県庁に連絡があった。県山口農林事務所の職員が回収し、中部家畜保健衛生所で実施した簡易検査と遺伝子検査で陽性反応が出た。確定検査の結果判明には、約1週間かかるという。

県畜産振興課によると、死骸が回収された周囲3キロ圏内には、鳥インフルエンザが確認された場合に立ち入り検査の対象となる100羽以上を飼育する養鶏場はない。10日に連絡会議を開いて対応を確認する。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0110/5.html

山口県で鳥インフル陽性反応【中国新聞アルファ2017年1月11日】
 環境省と山口県は9日、山口市の県維新公園周辺で回収したカモ科のホシハジロ1羽の死骸からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。高病原性の確定検査のため検体を鳥取大に送った。
(ここまで 95文字/記事全文 298文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=310183&comment_sub_id=0&category_id=112

山口で野鳥1羽鳥インフル陽性 今冬県内初【読売新聞2017年1月10日】
 環境省と県は9日、山口市の維新百年記念公園周辺で見つかったホシハジロ1羽の死骸から、簡易検査と遺伝子検査でそれぞれA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。鳥取大学で確定検査を行い、結果は約1週間で判明する見通し。今冬、県内で陽性反応が出たのは初めて。

 発表によると、死骸は同日午前、公園周辺で見つかり、通報を受けた県が死骸を回収して簡易検査などを行ったところ、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出たという。

 ホシハジロはカモ科の渡り鳥で、大陸からの越冬中だったとみられる。環境省は回収した地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、警戒を強める。県も10日、農林水産部長らによる対策会議を開く予定。

 県によると、県内には100羽以上を飼育する養鶏場は105か所あるが、いずれも異常は確認されておらず、ホシハジロの回収場所から半径3キロ以内に養鶏場はないという。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20170109-OYTNT50036.html

山口で野鳥から鳥インフル陽性【産経ニュース2017年1月10日】
 環境省と山口県は9日、山口市で同日見つかったカモ科のホシハジロ1羽の死骸を検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。

 確定検査は今後、鳥取大で実施する。山口県は当面、回収地点の10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、監視を強化する。
http://www.sankei.com/region/news/170110/rgn1701100002-n1.html

野鳥から鳥インフルの陽性反応 ホシハジロ1羽、山口【朝日新聞デジタル2017年1月9日】
 山口県は9日、山口市で見つかった野鳥ホシハジロ1羽の死骸を簡易検査し、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。環境省は回収地点の周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。鳥取大で詳しく検査している。
http://www.asahi.com/articles/ASK195QQWK19TIPE00T.html

死んだ野鳥からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応(山口県)【NNNニュース2017年1月9日】
山口県は9日、山口市で死んでいた野鳥を簡易検査したところ、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。県自然保護課県によるとA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たのは山口市維新公園のそばで見つかったホシハジロ1羽の死骸だ。9日午前、住民から通報を受け中部家畜保健衛生所で簡易検査と遺伝子検査を行ったところ、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たという。今後、鳥取大学で確定検査を行い高病原性かどうか確認することにすることにしていて、結果が出るまで1週間程度かかる見込みだ。県は、死骸を回収した維新公園付近から半径10km圏内で野鳥の監視を強化することにしている。なお、県によると、国の防疫指針で定められている半径3km圏内に100羽以上飼育している養鶏農家はなく、今のところ県内の業者から異常の報告も入っていないという。
http://www.news24.jp/nnn/news8708601.html

http://archive.is/tR2RA
http://archive.is/tuGJP
http://archive.is/EBn2S
http://archive.is/97koD
http://archive.is/z5OHk
http://archive.is/UvP3d

posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: