2017年01月10日

鳥インフルエンザ 山口市の野鳥から陽性反応 県が防御対策徹底へ /山口【毎日新聞2017年1月10日】

 山口市で野鳥のホシハジロの死骸からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たのを受け、県は10日、県高病原性鳥インフルエンザ対策連絡会議を開催し、消毒など防御対策の徹底を確認する。

 9日午前、市民が山口市の維新百年記念公園周辺で見つけて県山口農林事務所に連絡。回収した死骸を県中部家畜保健衛生所が簡易検査と遺伝子検査を実施した。県によると、鳥インフルエンザの陽性反応が出たのは、野鳥や養鶏場の鶏を含め、この冬初めて。

 県畜産振興課によると、100羽以上の鶏やアヒルなどを飼っている県内の105農場では9日まで異常は見つかっていない。鳥取大で詳しい検査を実施するが1週間程度かかる。回収地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、監視を強化する。

 また、県は、死んでいる野鳥を見つけた場合、最寄りの県農林事務所(夜間・休日は県庁代表083・922・3111)への連絡を呼びかけている。【祝部幹雄】

〔山口版〕
http://mainichi.jp/articles/20170110/ddl/k35/040/264000c

鳥インフルで監視強化 山口県【中国新聞アルファ2017年1月11日】
 山口市の山口県維新公園周辺で9日に回収したホシハジロ1羽の死骸から鳥インフルエンザウイルスが検出されたのを受け、県は10日、県庁で対策連絡会議を開いた。野鳥監視のパトロールを強化し、危機管理意識の共有を徹底すると確認した。
(ここまで 112文字/記事全文 431文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=310421&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/KG6Qj
http://archive.is/jHIZ1
山口で野鳥1羽鳥インフル陽性 今冬県内初【読売新聞2017年1月10日】(ホシハジロ/他3ソース/確定検査待ち)

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: