2017年01月14日

鳥インフル感染確認…豊橋と西尾の野鳥【読売新聞2017年1月14日】(ヒドリガモ/ホシハジロ/確定検査結果)

 県は13日、豊橋市と西尾市で発見され、鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応が出た野鳥2羽の死骸について、鳥取大の確定検査で高病原性鳥インフルエンザ「H5N6亜型」の感染が確認されたと発表した。県内の野鳥で高病原性の感染が確認されるのは今季初めて。

 発表によると、確定検査で高病原性と確認されたのは、豊橋市の河川で3日に見つかったヒドリガモと西尾市の海岸で4日に回収されたホシハジロ。環境省は野鳥緊急調査チームを派遣し、2羽の発見現場から半径10キロ・メートルの野鳥監視重点区域の野鳥の生息状況を調査する。
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20170113-OYTNT50218.html

http://archive.is/vsyVa
新たに1羽陽性反応 西尾の鳥インフル【読売新聞2017年1月12日】(スズガモ/確定検査待ち)
海岸で発見の野鳥から鳥インフル 愛知【産経WEST2017年1月4日】(ホシハジロ/確定検査待ち)
野生のヒドリガモ、簡易検査でインフル陽性 愛知・豊橋【朝日新聞デジタル2017年1月4日】(他3ソース)

posted by BNJ at 12:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: