2017年01月17日

コブハクチョウ、計10羽が鳥インフル陽性 兵庫県【産経WEST2017年1月17日】(他2ソース)

 兵庫県は17日、同県伊丹市の昆陽池公園で死んだコブハクチョウ4羽についてA型鳥インフルエンザウイルスの簡易検査をしたところ、陽性反応が出たと発表した。県によると、13日からの5日間で、公園で飼育されていた25羽のうち計10羽から陽性反応が確認されたことになる。鳥取大で高病原性かどうか確定検査をする。
http://www.sankei.com/west/news/170117/wst1701170067-n1.html

鳥インフルエンザ 伊丹、陽性6羽目確認 高病原性、判定へ /兵庫【毎日新聞2017年1月17日】
 県は16日、伊丹市の昆陽池公園で飼育していたコブハクチョウ1羽の死骸を簡易検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。高病原性か判定するため鳥取大学で確定検査を実施する。昆陽池公園で飼育されているコブハクチョウの死骸から簡易検査で陽性反応が出たのは計6羽になった。【釣田祐喜】

〔阪神版〕
http://mainichi.jp/articles/20170117/ddl/k28/040/360000c

鳥インフル、新たに1羽陽性 伊丹・昆陽池【神戸新聞NEXT2017年1月16日】
 兵庫県は16日、伊丹市の昆陽池公園で回収されたコブハクチョウ1羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。13日以降、同公園で飼育されるコブハクチョウの陽性反応は6羽目。6羽とも毒性の強い高病原性ウイルスかどうかの確定検査が行われる。伊丹市は16日、残るコブハクチョウを他の野鳥などと接触しないよう隔離した。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201701/0009835133.shtml

http://archive.is/j6Bkk
http://archive.is/eAzcv
http://archive.is/7Lx4N
伊丹・昆陽池でまた鳥インフル 追悼行事予定通り【神戸新聞NEXT2017年1月15日】(他1ソース)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: