2017年01月17日

えとにちなみ「三重のトリ」 県総合博物館、掛け軸や伊勢型紙展示【中日新聞2017年1月17日】

酉年にちなんだ掛け軸などが並ぶ会場=津市の県総合博物館で

 酉(とり)年にちなんで、鳥に関係する歴史資料などを集めた展示「三重のトリたち」が、津市一身田上津部田の県総合博物館三階の「三重の実物図鑑」コーナーで開かれている。二十九日まで。

 同館が所蔵する資料から、ツルを描いた掛け軸やカッコウがデザインされた伊勢型紙、キジの剥製標本など、鳥に関する約三十点を展示する。

 鈴鹿市白子の会社員、古門(こもん)絵里香さん(26)は「伊勢型紙の産地に住むが、鳥模様の型紙は初めて見た。細かくてとてもかわいい」と興味深そうに眺めていた。

 同館では「こども体験展示室」で、イベント「MieMu(みえむ)でトリを探そう!」も同時に開催している。展示室を探検しながら、鳥に関係する資料を探し出して簡単なリポートを書くと、オリジナル缶バッジがもらえる。

 いずれも入場無料。開催時間は午前九時〜午後七時。十六日、二十三日は休館。(問)同館=059(228)2283

 (橘菫)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20170117/CK2017011702000022.html

http://megalodon.jp/2017-0117-2128-06/www.chunichi.co.jp/article/mie/20170117/CK2017011702000022.html

posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: