2017年01月17日

“もふもふ” 海遊館でペンギンの赤ちゃん公開【MBSニュース2017年1月17日】

 もふもふの茶色い毛に覆われたペンギン。大阪の海遊館では、17日から王様ペンギンの赤ちゃんの一般公開がスタートしました。

 飼育員に抱えられ、南極大陸水槽に移された赤ちゃん。たくさんの大人に囲まれ少し戸惑った様子ですが、すぐに列に加わり一緒に歩きだしました。去年9月末に生まれ、現在体長70センチ、体重11キロと大人のペンギンとほぼ同じ大きさに成長しましたが、まだ泳げないそうです。

 もふもふの姿が見られるのは3月ごろまでです。
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170117/00000044.shtml

ふわふわ茶羽、赤ちゃんペンギンお目見え 大阪・海遊館【朝日新聞デジタル2017年1月19日】
【動画】茶色くふわふわした羽に包まれたオウサマペンギンの赤ちゃん=加藤諒撮影

南極大陸水槽にデビューしたオウサマペンギンのひな(右)=18日、大阪市港区、加藤諒撮影

 海遊館(大阪市港区)にオウサマペンギンの赤ちゃんがお目見えし、茶色くふわふわした羽に包まれた愛くるしい姿で来場者から人気を集めている。

 昨年9月27日に孵化(ふか)したが、通常より6日ほど遅く、エサを食べる量も少なかったため、バックヤードで飼育員が育てていた。親鳥と変わらない体長70センチ、体重11キロほどに成長し、このほど南極大陸水槽で公開された。「綿羽(めんう)」と呼ばれるふわふわした羽に覆われた状態は、3月ごろまで続き、その後親鳥と同じ羽に生え替わっていくという。(加藤諒)
http://www.asahi.com/articles/ASK1L4JF1K1LPQIP00S.html

ふわふわのオウサマ【読売新聞2017年1月19日】
来館者に披露されたオウサマペンギンの赤ちゃん(大阪市港区で)
 大阪市港区の水族館「海遊館」で昨年秋に生まれたオウサマペンギンの赤ちゃんが、来館者に披露された。茶色いふわふわの羽で覆われた愛くるしい姿に、来館者は目を細めた。

 赤ちゃんペンギンは体長約70センチ、体重約11キロ。昨年9月27日に孵化ふかした。食べる量が少なく、飼育員がつきっきりで面倒をみてきたという。成体とほぼ変わらない大きさまで育ったため、展示水槽に移されることになった。

 水槽で仲間入りすると、他のペンギンたちが周りを囲んだ。飼育員の小林由和さんは「無事にデビューが果たせて、ほっとしました」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20170118-OYTNT50321.html

http://archive.is/WB7Sy
http://archive.is/36V8a
http://archive.is/l8Uoj

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: