2017年01月17日

環境省と愛知県が、蒲郡などで野鳥を調査(愛知県)【NNNニュース2017年1月17日】

 愛知県内で、死んでいた野鳥が高病原性鳥インフルエンザに感染していたことを受け、環境省の調査チームが17日、蒲郡市などの海岸で野鳥の調査を始めた。愛知県では今月上旬、豊橋市で見つかったヒドリガモ1羽と西尾市で見つかったホシハジロ1羽が高病原性鳥インフルエンザに感染していたことが分かっている。これを受け、この日朝、野鳥専門の研究者など環境省の調査チームのメンバー2人と愛知県環境部の職員らが蒲郡市の海岸を訪れ、飛来している野鳥の種類や弱ったり死んだ鳥がいないかなどを調査した。調査チームはこの日から3日間、死んだ野鳥が発見された場所の半径10キロ圏内で海岸や河川、池などを調査することにしている。
http://www.news24.jp/nnn/news86233171.html

野鳥のホシハジロからインフル陽性反応 愛知・西尾【産経WEST2017年1月17日】
 愛知県は17日、同県西尾市で11日に死んでいるのが見つかったホシハジロ1羽を環境省が遺伝子検査した結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。鳥取大で確定検査する。

 県によると、近くにいた作業員が堤防で見つけた。同市内では4、6日にも死んだ野鳥が海岸で計2羽見つかり、遺伝子検査や確定検査でいずれも陽性反応が出た。今回のホシハジロが見つかったのは、2羽が死んでいた海岸から西へ9キロほどの場所だった。
http://www.sankei.com/west/news/170117/wst1701170078-n1.html

http://archive.is/sURKX
http://archive.is/zfMGy
鳥インフル感染確認…豊橋と西尾の野鳥【読売新聞2017年1月14日】(ヒドリガモ/ホシハジロ/確定検査結果)

posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: