2017年01月18日

イチからオシえて 噴火した島に戻る海鳥 小笠原諸島・西之島、生態系進化の実験場に【毎日新聞2017年1月18日】(既報関連ソースまとめあり)

 2013年の噴火以降、面積が22ヘクタール(噴火前)から268ヘクタールと10倍以上に拡大した小笠原諸島・西之島。昨年10月に実施された初の上陸調査で複数の海鳥の繁殖が確認された。孤立した島独特の生態系が新たに誕生する過程が観察できる「自然の実験場」として注目を集めている。

 ●8種中3種確認

 噴火前に繁殖が確認されていた海鳥は8種。当時の面積は東京ドーム5個分にも満たなかったが、小笠原諸島の中では最も多くの種が繁殖していた。

 「小さいが海鳥にとっては楽園のような場所」。森林総合研究所の川上和人主任研究員(鳥類学)によると、脅威になるネズミやネコなどがおらず、巣を作りやすい環境を変えてしまうような外来植物も入っていなかった。特にアオツラカツオドリの国内の繁殖地は他に尖閣諸島だけで、噴火の影響が注目されていた。

 上陸調査に参加した川上さんが溶岩流を免れた場所を調べたところ、8種のうち3種の営巣が確認できた。アオツラカツオドリは抱卵中。カツオドリの若鳥がおり、オナガミズナギドリの巣穴も多数あった。アジサシの仲間は、繁殖は確認できていないが、島の近くを飛んでいた。

 ●場所に執着強く

 大規模な噴火だったにもかかわらず、海鳥はなぜいるのか。川上さんによると、海鳥は場所に対する執着性が強いという。寿命が数十年と長い種も多く、仮に1〜2年繁殖できなくても落ち着いた後に巣が作れれば戻るらしい。また、カツオドリの仲間2種は大型だが、アオツラカツオドリは秋から冬、カツオドリは夏と繁殖期が違うため、営巣場所が狭くても共存できているのではないかという。

 川上さんは今回の調査の最大の成果を「生態系を構成する機能が維持されていることが確認できたことだ」と話す。現在の島のほとんどは溶岩に覆われているが、周辺部は火山噴出物が細かな岩石の粒となって堆積(たいせき)。浜ができて、海岸性の植物が根を張りやすい環境になっていた。そのような場所に、海鳥によって植物の種が運ばれ、さらに海鳥のふんは肥料になる。動物の死骸などを食べる昆虫のハサミムシなどもみつかり、多様な生物が生きるための生物同士のつながりが保たれているという。

 西之島のように大陸や他の島からはるか離れた土地で、新たな生態系が作られていくのが観察できるケースは海外でもほとんどない。川上さんは「どんな生態系ができるかは全く予想できない。島の生物相の成立をこの目で見るのは島しょ生物学者の夢の一つ。人類共通の財産として変化を見守ってほしい」と訴える。【大場あい】
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddm/013/040/028000c

http://archive.is/kLik1
西之島噴火3年 測定データを基に海図作製、領海確定へ【産経ニュース2016年11月20日】(海鳥の鳴き声を録音する機器)
西之島、上陸して見た“最新の表情” 測量船が帰還【テレ朝ニュース2016年11月8日】
海鳥、西之島に戻る 噴火後初の上陸調査【産経ニュース2016年11月7日】
NEWSの窓 科学 西之島 貴重な「生態系の実験場」毎日小学生新聞【毎日新聞2016年10月30日】
15歳のニュース 目が離せない西之島 噴火3年で初上陸 大陸形成の解明に期待【毎日新聞2016年10月29日】
ニュース交差点 地域 西之島に海鳥のヒナやトンボ 毎日小学生新聞【毎日新聞2016年10月27日】
西之島にカツオドリ・昆虫・ダニ… 上陸調査の結果発表【朝日新聞デジタル2016年10月26日】
面積が大きくなった無人島に上陸したいぞ! : KODOMO【読売新聞2016年10月26日】
西之島に噴火後初上陸 東大地震研など生態系調査【朝日新聞デジタル2016年10月20日】
(科学の扉)生態系、よみがえるか 噴火の西之島、貴重な観察の場【朝日新聞デジタル2016年10月9日】(オオアジサシ/アカオネッタイチョウほか/既報関連ソースあり)
新たな生態系、西之島で調査 環境省、来年度上陸へ【朝日新聞デジタル2016年8月30日】
小笠原諸島・西之島、「研究目的以外の上陸自粛を」 専門家【日本経済新聞2016年8月19日】
噴火から2年半、西之島で海鳥営巣…抱卵の姿も【読売新聞2016年6月4日】
西之島、海鳥の生息を確認 噴火みられず、わずかに噴煙【朝日新聞デジタル2016年2月15日】
溶岩の島、海鳥たくましく生息…西之島噴火2年【YOMIURI ONLINE2015年11月18日】
溶岩で覆われた西之島、花咲き鳥歌う島になるか【AFPBB News2015年5月20日】
くらしナビ・環境:西之島噴火、海鳥どうなる 国内有数の繁殖地 溶岩で覆われ【毎日新聞2015年3月20日】

posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: