2017年01月18日

2羽の野鳥死骸から鳥インフル 大田原【産経ニュース2017年1月18日】(他1ソース)

 県は17日、大田原市羽田で死んでいたオオハクチョウ2羽を国立環境研究所で遺伝子検査した結果、A型の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。北海道大で確定検査する。高病原性の鳥インフルエンザが確認されれば、昨年12月に発見されたオオタカに続き今季2、3例目となる。

 県自然環境課によると、13日午後1時40分ごろ、野鳥を監視していた職員が死んでいたオオハクチョウ1羽を発見、簡易検査は陰性だった。14日には市民の通報で、別の死んでいたオオハクチョウ1羽を近くで回収し、陰性だったが、2羽とも遺伝子検査を行った結果、鳥インフルエンザウイルスが確認された。

 県は、発見場所の周辺10キロ以内で野鳥の監視を強化。3キロ以内で100羽以上の鳥類を飼育している1農場を立ち入り検査し、異常がないことを確認した。
http://www.sankei.com/region/news/170118/rgn1701180036-n1.html

行政ファイル オオハクチョウが鳥インフルエンザ陽性 /栃木【毎日新聞2017年1月18日】
 県自然環境課は17日、大田原市羽田の沼地で発見されたオオハクチョウ2羽の死骸を遺伝子検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。オオハクチョウは今月13日と14日に同じ沼で死んでいるのが相次いで見つかった。簡易検査では陰性だったという。県は、発見場所から半径10キロ以内の野鳥の監視を強化するほか、養鶏場などへの聞き取り調査を行う方針。
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k09/040/055000c

大田原・羽田沼で2羽鳥インフル陽性【下野新聞SOON2017年1月18日】
 県は17日、大田原市羽田(はんだ)の羽田沼周辺で回収した野鳥のオオハクチョウ2羽を国立環境研究所が遺伝子検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。北海道大に確定検査を依頼し、高病原性の型であるかなどを調べる。県内では昨年12月、真岡市で回収された野鳥のオオタカから高病原性ウイルスが確認されており、確定検査で2羽からウイルスが検出されれば、今季の感染例は3例となる。

 県によると、1羽目は13日午後、2羽目は14日朝、いずれも水辺で死んでいるのが、市民らに発見された。

◆大田原市、立ち入り自粛呼び掛け

 羽田沼の水辺で回収されたオオハクチョウから鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことを受け、大田原市は17日、羽田沼野鳥公園への立ち入り自粛を呼び掛けた。人がふんを踏むなどしてウイルスが拡散することを防ごうと、沼南側の市道を封鎖し、人が近付くことが多い沼西側にロープを張った。

 周辺ではハクチョウを冬の地域のシンボルとして迎えている。全国的に鳥インフルの発生が相次いでいただけに、羽田沼白鳥を守る会の長嶋昭夫(ながしまあきお)会長(57)は「やはり来てしまったか」と戸惑う。守る会は公園の巡回やハクチョウの様子をチェックしてきた。「今後、より注意深く羽田沼を見守りたい」と話した。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20170118/2574078

http://archive.is/6ScEy
http://archive.is/AGa6G
http://archive.is/6ZZmt

posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: