2017年01月19日

加賀で鳥インフル 県内初 鴨池の野鳥「陽性」【中日新聞2017年1月19日】(他4ソース/ヒシクイ/確定検査待ち)

鳥インフルエンザウイルス陽性の死んだ野鳥が発見された片野鴨池=18日、石川県加賀市片野町の鴨池観察館内から撮影

半径10キロ 養鶏場異常なし

 石川県は十八日、同県加賀市片野町の片野鴨池で死んでいた野鳥ヒシクイ一羽でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性が確認されたと発表した。鳥インフルエンザの陽性確認は県内で初めて。県はこの日、半径十キロ以内にある養鶏場など十一カ所を緊急立ち入り検査し、飼育されているニワトリやアヒル計八千四百羽ほどに異常がないことを確認した。

 県によると、加賀市鴨池観察館の職員が十五日午前八時半に、館近くの湿地の水際で死んだヒシクイを見つけた。国立環境研究所(茨城県)で遺伝子検査し、十八日、陽性であることが分かった。鳥取大で確定検査をし、感染力の強い高病原性かどうかを調べる。結果判明まで一週間ほどかかる。

写真
 今後の焦点は、養鶏場などへの感染拡大を防げるかどうかだ。県は、片野鴨池の半径十キロ圏内の養鶏場などへの立ち入り検査で防鳥ネットや出入り口の消毒といった防護態勢が整っていることを確かめた。十キロ圏外の養鶏場など百十四カ所にも電話で対策を徹底するように注意喚起している。

 十九日からは県職員が毎日、十キロ圏内で死んだり、衰弱したりした野鳥がいないか監視パトロールをする。確定検査で高病原性でなければ、野鳥の監視はやめる。

 鳥インフルエンザは高病原性であっても、野鳥から人に感染する可能性は低い。県の中田峰示農林水産部長は「鳥の排せつ物に触れたら手洗い、うがいをすれば過度に心配しなくていい」と説明。冷静な行動を促し「死んだ野鳥を見つけたら素手で触れず、市役所や町役場に連絡してほしい」と呼び掛けている。
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2017011902100010.html

加賀で鳥インフル 県内初、野鳥から陽性【北國新聞2017年1月19日】
鳥インフルエンザに感染したヒシクイの死骸が見つかった片野鴨池=18日、加賀市内
 石川県は18日、加賀市の片野鴨池(かもいけ)で死んでいたヒシクイ1羽の遺伝子検査でA型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今後、環境省が鳥取大で確定検査を行い、毒性が強い高病原性鳥インフルエンザかどうかを調べる。県内の野鳥から陽性反応が出たのは初めてとなる。

 県によると、養鶏場の家禽(かきん)から高病原性と低病原性のウイルスが確認された場合、殺処分などが行われるが、今回は野鳥のため、監視強化などの対応となる。

 15日に加賀市鴨池観察館の職員が水際の湿地でヒシクイが死んでいるのを見つけた。県南部家畜保健衛生所で行った簡易検査では陰性だったが、国立環境研究所での遺伝子検査で陽性反応が出た。環境省は18日に県に報告し、片野鴨池の半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。

 報告を受け、県は県庁で鳥インフルエンザ対策警戒本部の会議を開き、19日以降、野鳥監視重点区域内を監視パトロールし、野鳥が死んでいないかなどを調べる。18日には獣医師の資格を持つ職員計4人が区域内の養鶏場など11カ所で緊急立入検査を行い、家禽に異常がないことを確認した。区域内で鳥類を飼育している学校はないという。

 確定検査の結果で陰性となるケースもあり、県の担当者は「日常生活で鳥の排せつ物などに触れた後は手洗いやうがいをすれば、過度に心配する必要はない」と話した。死んでいる野鳥などを見つけた場合は県や市町などに連絡するよう呼び掛けている。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20170119101.htm

石川)県内初の鳥インフルエンザ 加賀市で野鳥から【朝日新聞デジタル2017年1月19日】
ヒシクイ=「いしかわレッドデータブック〈動物編〉2009」から
[PR]
 県は18日、加賀市で見つかった野鳥ヒシクイの死骸からA型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。県内で鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは初めて。今後、感染力の高い高病原性鳥インフルエンザかどうかの確定検査を進める。

 県によると、15日午前8時半ごろ、加賀市の片野鴨池の水辺で近くの施設の職員が死骸を発見。県の簡易検査では陰性だったが、国立環境研究所の遺伝子検査では陽性だった。環境省は半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。

 この日、県は幹部を集めて対策警戒本部会議を開いた。死骸が発見された場所の半径10キロ圏内にある養鶏場など11カ所に立ち入り検査をしたほか、19日からは野鳥の監視パトロールをするという。

 県によると、鳥インフルエンザは通常は人に感染しない。排泄(はいせつ)物などに触れても手洗いやうがいをすれば、過度な心配は不要という。県農林水産部の中田峰示部長は「死骸を見つけたら素手で触らず、役所に連絡してほしい」と話している。(新屋絵理)
http://www.asahi.com/articles/ASK1L5QV4K1LPJLB00T.html

加賀市の野鳥の死骸から鳥インフル「陽性」(石川県)【NNNニュース2017年1月18日】
加賀市の片野鴨池で、死んでいた野鳥から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことが分かった。
県によると、1月15日、加賀市の片野鴨池で渡り鳥のヒシクイ1羽が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、A型の鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たという。県は18日午後4時から関係部局を集めた対策警戒本部会議を開き、経緯の報告や今後の対応を確認した。県では18日、現場から半径3キロ以内にある4か所の養鶏場に対し緊急の立ち入り検査を実施している。現在、死んでいたヒシクイからは鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ただけで、全国各地で発生している高病原性鳥インフルエンザが確認されたわけではない。県は確定に向けた検査を行っており、結果が出るまでに1週間程度かかる見込みだ。
http://www.news24.jp/nnn/news87115340.html

加賀の野鳥 鳥インフル陽性反応【NHKニュース2017年1月18日】
今月15日に石川県加賀市で野鳥の「ヒシクイ」1羽が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。
環境省は、鳥から採取した検体を鳥取大学に送って、詳しく検査するほか、県は、19日以降、野鳥が発見された場所の周辺で監視を強化することにしています。
これは、県が、18日午後4時から「鳥インフルエンザ対策警戒本部会議」を開いて明らかにしたものです。
それによりますと、今月15日、加賀市にある「片野鴨池」で野鳥の「ヒシクイ」1羽が死んでいるのを、池の近くにある鳥の観察施設の観察官が見つけました。
県が行った鳥インフルエンザの簡易検査では陰性でしたが、その後、国立環境研究所で行った遺伝子検査で、鳥インフルエンザの陽性反応が出たということです。
このため、環境省は18日、この野鳥が発見された場所の半径10キロ圏内を「野鳥監視重点区域」に指定し、県は、あす以降、野鳥が死んでいないか、監視を強化する方針です。
県によりますと、半径10キロ圏内には養鶏場などが11か所あり、ニワトリやアヒル約8400羽が飼育されているということです。
県は、18日、これらの施設に緊急の立ち入り検査を行い、その結果、いずれの施設でもニワトリが大量に死んでいるなどの異常はなかったということです。
一方、環境省は、検体を鳥取大学に送って確定検査を行うことにしていて、結果が出るまでには1週間程度かかる見込みだということです。
県農林水産部の中田峰示部長は「いっそうの緊張感を持って対応したい。鳥インフルエンザは、通常、人に感染することはないが、死んでいる野鳥を見つけた場合は、触らないようにして、県などに連絡してほしい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3023139301.html

http://megalodon.jp/2017-0119-1134-12/www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2017011902100010.html
http://archive.is/dFt2Z
http://archive.is/537TM
http://archive.is/V8xFe
http://archive.is/Ha1uY

posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: