2017年01月24日

猪苗代湖周辺でオジロワシとマガン確認 福島県内の飛来例少なく【福島民友2017年1月24日】

 猪苗代町の猪苗代湖上空とその周辺で、県内では飛来例が少ないオジロワシとマガンが確認された。日本野鳥の会会津支部長の満田信也さん(64)が10日、撮影した。満田さんによると、2羽が県内で目撃される例は少ないという。

 オジロワシは国の天然記念物、マガンは環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている。

 満田さんは野鳥観察のため同湖を訪れた際に上空にオジロワシ、同町長田の田んぼでコハクチョウの群れの中にいるマガン6羽を発見。満田さんによると、オジロワシが飛来したのは、餌となる水鳥や湖畔の動物が猪苗代湖にいたためと考えられるという。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170124-143708.php

http://archive.is/GLlTn

posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: