2017年01月24日

NPO、4月から「自然」講座、動植物や歴史文化を紹介【日本経済新聞2017年1月24日】

 中高年向けの自然観察や環境教育を手がけるNPO法人、神奈川シニア自然大学校(横浜市)は4月から、神奈川県内の動植物から歴史文化まで「自然」を幅広く紹介する講座を開講する。2018年3月までの全22回を予定し、県内10カ所以上で座学と実習に取り組む。

 県内の森林や海岸、自然公園などで樹木や草花、野鳥、海の生物などを学ぶ。テント設営やロープの結び方などの野外活動、森林保全、里山文化、気象学、地球史なども講座のテーマにする。講座は4月18日〜18年3月13日の毎月1〜2回、日帰りで実施する。受講料は9万5000円。

 同大学校は単発の公開講座も開催している。今月28日は根岸森林公園から横浜市電保存館まで、2月9日は港北ニュータウンの歴史遺産、3月9日は里山の小野路をそれぞれ散策する講座を開く予定だ。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB19H2M_T20C17A1L82000/

http://archive.is/HDLDl

posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: