2017年01月24日

宮崎 木城町の養鶏場でニワトリから鳥インフルの陽性反応【NHKニュース2017年1月24日】(他3ソース)

宮崎県木城町の養鶏場で複数のニワトリが死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことを受けて、農林水産省は緊急の対策本部会議を開き、今後の対応を確認しました。
24日夕方に開かれた会議では、詳しい検査の結果、鳥インフルエンザウイルスが検出された場合、感染の拡大を防ぐため、ウイルスが検出された養鶏場が飼育するニワトリおよそ17万羽の殺処分を行うほか、農場周辺の消毒と主要な道路に消毒ポイントを設けるなど、国の指針に基づいた今後の対応を確認しました。

この養鶏場の半径10キロ以内には、ほかにも150軒の養鶏場が密集し、合わせておよそ600万羽のニワトリが飼育されているということです。

鳥インフルエンザウイルスが検出されれば、ウイルスが検出された農場から半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、さらに半径10キロ以内を域外への出荷を禁止する「搬出制限区域」に指定することになります。

農林水産省は専門家のチームを25日の朝に現地に派遣して、感染経路などを詳しく調べることにしています。

会議で山本農林水産大臣は「今回の事例は、家きん農場の密集地域であることに鑑み、初動対応に万全を期すとともに、まん延を防止するための防疫措置を確実に実施してほしい」と述べました。

農林水産省によりますと、国内の農場では今シーズン、これまでに合わせて8か所でH5N6型の鳥インフルエンザウイルスが検出され、宮崎県内では先月、川南町の養鶏場でも検出されています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170124/k10010851471000.html

宮崎の養鶏場で鳥インフル疑い 簡易検査で陽性【朝日新聞デジタル2017年1月24日】
 宮崎県は24日、木城町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがある鶏が見つかったと発表した。簡易検査で陽性反応があったという。遺伝子検査などで詳しく調べる。

特集:鳥インフルエンザ
 県によると、24日午前11時半ごろ、死ぬ鶏が増えていると通報があり、立ち入り検査を実施。午後1時半に簡易検査をしたところ、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出た。この養鶏場では約6万羽を飼育。隣接する関連養鶏場でも約10万羽を飼っているという。

 宮崎県では昨年12月にも川南町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生。約12万羽が殺処分された。
http://www.asahi.com/articles/ASK1S5FPVK1STNAB01M.html

鳥インフル 宮崎・木城の養鶏場で陽性反応【毎日新聞2017年1月24日】
鳥インフルエンザが発生した養鶏場付近で対応を話し合う関係者ら=宮崎県木城町高城木寺の県道沿いで2017年1月24日午後5時13分、塩月由香撮影
 宮崎県は24日、同県木城町の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で高病原性と確定すれば、県は家畜伝染病予防法に基づき、同じ経営者が飼育するこの養鶏場と近くの養鶏場の計約16万8400羽を殺処分する。

 県によると、同日午前11時半、農場から鶏約130羽が死んでいると通報があり、県宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)が簡易検査した7羽全てから陽性反応が出た。発生農場は、昨年12月に鳥インフルエンザが検出された同県川南(かわみなみ)町の農場から南西約4.6キロ。

 陽性反応を受けて、県は養鶏場から半径3キロ圏10農場の鶏(約40万5000羽)や卵の移動自粛を、3〜10キロ圏140農場の鶏(約558万6000羽)や卵の搬出自粛をそれぞれ求めた。早ければ同日中には遺伝子検査の結果が判明する見通し。高病原性と確定すれば今季9例目、九州では昨年12月の熊本県南関(なんかん)町に続き3例目。

 川南町の養鶏業の女性は「野鳥が入ってこないようにネットを点検するなどやることをやるしかない。早く収まってほしい」と話した。農林水産省によると昨年2月現在、宮崎県内のブロイラー飼育羽数は約2744万羽、飼育戸数は473戸でいずれも全国1位。【黒澤敬太郎、尾形有菜、宮原健太】
http://mainichi.jp/articles/20170125/k00/00m/040/071000c

木城で高病原性鳥フル ウイルス陽性反応【宮崎日日新聞2017年1月24日】
 県は24日、木城町のブロイラー養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがある鶏が見つかったと発表した。宮崎家畜保健衛生所で簡易検査した結果、ウイルスの陽性反応が出た。遺伝子検査の結果も陽性であれば、飼育している6万1700羽と、管理者が同じで隣接する農場の10万6700羽を合わせた16万8400万羽の殺処分に着手する。

 県は疑い事例の発生を受け、午後5時から県庁で防疫対策本部会議を開いた。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23919.html

高病原性と確認 木城鳥インフル【宮崎日日新聞2017年1月25日】
 農林水産省は24日、木城町の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例に関して、遺伝子検査の結果、H5亜型と判明したと発表。高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜と確認された。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23929.html

宮崎・木城町の養鶏場、ニワトリから鳥インフル陽性反応【TBS News i 2017年1月25日】
 宮崎県の養鶏場で飼育されているニワトリから簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が確認されました。
 24日午前11時半ごろ、宮崎県木城町の養鶏場から「死んでいるニワトリが増加している」と家畜保健衛生所に通報がありました。
 その後、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が確認され、現在、遺伝子検査が行われています。県は感染が確定すれば、関連する農場も含め、およそ17万羽のニワトリを殺処分し発生農場から半径3キロ以内で、卵やニワトリの移動を制限することにしています。
 県内では去年12月に川南町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生し、12万羽が殺処分されました。(24日20:55)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2967175.html

http://archive.is/PQjAS
http://archive.is/q5oVu
http://archive.is/W7bcD
http://archive.is/f1zcK
http://archive.is/QkrwO
http://archive.is/Ve1vV

posted by BNJ at 22:10 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: