2017年01月25日

鳥インフル感染防止を協議/厚岸町【釧路新聞2017年1月25日】

  釧路総合振興局は24日、今月15日に厚岸町内で衰弱した状態で見つかったオオハクチョウが毒性の強い高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)に感染していたと発表した。周辺地域で野鳥の大量死などは確認されておらず、養鶏場にも異常はないという。同日、道や国の関係機関でつくる同局高病原性鳥インフルエンザ警戒本部は幹事会を開き、鶏など家禽(かきん)への感染防止などを協議した。
http://www.news-kushiro.jp/news/20170125/201701253.html

http://archive.is/LwVp5
高病原性ウイルスを検出 15日回収の厚岸のオオハクチョウ【どうしんウェブ2017年1月24日】(確定検査結果)

posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: