2017年01月25日

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)

ムクドリによる騒音やフンの被害が問題となっている大分市の中央通りで、鷹を使った追い払い作戦が実施されましたが、失敗に終わりました。大分市の中央通りでは去年8月、鷹を使った追い払い作戦が実施され、一時中央通りからムクドリが姿を消していました。しかし、11月末から再び数百羽が姿を現し騒音やフンの被害が相次いでいます。26日は午後6時すぎ鷹が放たれビルの屋上の看板に群がっていたムクドリを威嚇しました。しかし、ムクドリは逃げず、作戦は失敗に終わります。27日はムクドリが飛来してくる日没の前に鷹を上空で旋回させ、追い払う作戦に変更する計画です。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=01250036369&day=20170125

タカ再び登場 ムクドリ追い払う【大分合同新聞2017年1月26日】
ムクドリを追い払おうとタカを飛ばす石橋美里さん=25日午後、大分市の中央通り
 大分市中心部の中央通りをねぐらにするムクドリを追い払おうと25日、鷹匠(たかじょう)が通りでタカ(ハリスホーク)を放った。26日も実施する。
 追い払いは昨年8月に続いて2回目。鷹匠の石橋美里さん(22)=佐賀県武雄市=らが、タカとワシミミズクを使ってビルの上や地上からムクドリを威嚇した。タカが放たれると、街路樹にいたムクドリは飛び立った。ワシミミズクは飛ばさず、地上からにらみを利かせた。
 石橋さんは「ムクドリは街路樹から逃げたので、まずまずの成果。ただ、一部は通り沿いのビル上部に移動した。26日は別の方法も考えたい」と話した。
 中央通りで28日に歩行者天国を実施するのを前に市が実施した。
 通りの街路樹はムクドリのねぐらになっており、ふんや鳴き声が問題になっている。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/01/26/JD0055408956

http://archive.is/yTGOO
http://archive.is/YaQq5
宮崎の鳥インフル受け県が注意喚起【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】
鷹匠の妙技に歓声 佐賀城で飛行実演 [佐賀県]【西日本新聞2017年1月8日】

カラス撃退へ「再鳥戦」 山形駅前周辺に猛禽類放つ【山形新聞2016年12月21日】

山形)カラス撃退策、手詰まり 天敵去り、群れ再び出没【朝日新聞デジタル2016年11月11日】
大分)スズメ1000羽超、街戻る 騒音・フン害に悩み【朝日新聞デジタル2016年10月7日】
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

posted by BNJ at 23:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: