2017年01月26日

鳥インフルエンザ 防疫対策徹底求める 県が緊急会議 /鹿児島【毎日新聞2017年1月26日】

 宮崎県木城町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、鹿児島県は25日、県庁で緊急防疫対策会議を開き、関係者に改めて防疫対策の徹底を求めた。県は県内の養鶏場など全家きん農場に対し、2月末までをめどに消石灰を配布する。

 県内の養鶏関係者ら約50人が出席。宮崎県の対応状況のほか、流行に歯止めが掛かっていない韓国など国内外の鳥インフルエンザ発生状況を確認した。

 県内では昨年11月以降、国内最大のツルの越冬地、出水平野(出水市)でツルやカモなどから高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したが、今年に入ってからは確認されていない。

 大田均・県獣医務技監は「寒波が厳しく、北で過ごしていた野鳥の南下や韓国の野鳥の飛来も予想されている」と指摘。鶏舎周辺の消毒の実施や防鳥ネットの適正な設置など防疫対策の徹底を強く求めた。【杣谷健太】
http://mainichi.jp/articles/20170126/ddl/k46/040/280000c

http://archive.is/iYYt5

posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: