2017年01月28日

鳥インフルエンザ 宇佐で回収の野鳥、確定 6年ぶり監視強化 /大分【毎日新聞2017年1月28日】(ノスリ/確定検査結果/既報4ソース)

 県は27日、宇佐市の山林で回収された野鳥のノスリ1羽の死骸について、確定検査の結果、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザが検出されたと発表した。遺伝子検査で17日にA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、鳥取大が詳しく検査していた。県内で感染が確定したのは6年ぶり。

 環境省は17日、回収地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、他に野鳥の死骸がないか監視を強化。これまで野鳥や養鶏場に異常は確認されていない。2月末まで監視を強化するとともに、近く野鳥緊急調査チームを派遣して鳥類の生息状況などを調査する方針。【西嶋正法】
http://mainichi.jp/articles/20170128/ddl/k44/040/295000c

野鳥は高病原性 鳥インフル 宇佐【大分合同新聞2017年1月28日】
 大分県と環境省は27日、宇佐市で1月12日に回収した野鳥の死骸から検出した鳥インフルエンザウイルスが、毒性の強い高病原性ウイルス(H5N6亜型)だったと発表した。県内で高病原性の感染が確認されたのは2011年2月以来。
 死骸はタカの一種「ノスリ」。同省が鳥取大学で行った確定検査で27日に判明した。回収後、国立環境研究所(茨城県つくば市)による遺伝子検査で17日に鳥インフルエンザの陽性反応を確認。環境省が同日、回収地点の周辺10キロを野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化していた。
 確定を受け、重点区域指定を2月26日(回収日の翌日から45日間)まで継続。同省の「野鳥緊急調査チーム」が近く現地入りし、鳥類の生息状況を調べるほか、周辺で鳥が集団で死んでいないか監視する。
 宇佐市農政課は、市内で100羽以上飼育する養鶏農家9戸と回収場所から3キロ圏内の愛玩鶏飼育者に、改めて防疫の徹底や鳥の状態の観察を呼び掛けた。
 県森との共生推進室によると、17日以降、県内で野鳥の死骸を計8羽回収し、県による簡易検査ではいずれも陰性だった。死骸は全て同研究所に送って遺伝子検査を実施しているが、27日現在、陽性との連絡は入っていないという。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/01/28/JD0055415598

宇佐市の野鳥死骸の鳥インフルは「高病原性」(大分県)【NNNニュース2017年1月28日】
今月12日に宇佐市で回収されA型鳥インフルエンザの陽性反応が出た野鳥の死がいについて確定検査の結果、H5N6亜型の高病原性のウイルスが検出されたことが27日分かった。これを受け、環境省と県は来月26日まで死がいの回収地点から半径10キロ圏内で野鳥の監視を強化する。また近く環境省の野鳥緊急調査チームが現地入りし鳥の生息状況などを調査する予定。
http://www.news24.jp/nnn/news8836273.html

死んだ野鳥は高病原性の鳥インフルエンザ【OBS大分放送2017年1月27日】
 宇佐市内で死んでいた野鳥から鳥インフルエンザの陽性反応が出たことを受け、環境省が調査した結果、「高病原性」の鳥インフルエンザウイルスと判明しました。今月12日、宇佐市内の農地でタカの一種、「ノスリ」1羽が死んでいるのがみつかり、遺伝子検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。その後、環境省から依頼を受けた鳥取大学が、毒性について調べる「確定検査」を実施。その結果、強い毒性を持つH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと27日、県が発表しました。環境省はすでに、宇佐市内の現場から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定していて県は2月26日まで監視を強化します。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=01270036391&day=20170127

野鳥は高病原性鳥インフル 1羽確定、大分・宇佐【産経WEST2017年1月27日】
 大分県は27日、同県宇佐市の山林で見つかった野鳥のノスリ1羽の死骸を鳥取大で確定検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。周辺で野鳥や鶏の大量死は確認されていない。

 県によると、ノスリは12日に見つかり、遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出ていた。

 環境省は回収地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。野鳥緊急調査チームを近く派遣し、引き続き圏内を監視する。
http://www.sankei.com/west/news/170127/wst1701270072-n1.html

http://archive.is/Wyb0A
http://archive.is/lEB7a
http://archive.is/EJfn0
http://archive.is/ZtF3S
http://archive.is/d4WdA

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
宇佐で鳥インフル 野鳥の1羽 養鶏場には異常なし【大分合同新聞2017年1月18日】(ノスリ/確定検査待ち/他4ソース)

posted by BNJ at 22:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: