2017年01月28日

大田原・羽田沼のハクチョウ1羽、高病原性鳥インフル検出 環境省、真岡の監視解除【下野新聞SOON2017年1月28日】(他1ソース)

 大田原市羽田(はんだ)の羽田沼周辺で回収した野鳥のオオハクチョウ2羽が鳥インフルエンザウイルスが陽性となった問題で、県は27日、北海道大に依頼していた確定検査の結果、2羽のうち1羽からH5N6亜型の高病原性の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 県内で今冬、高病原性ウイルスを確認したのは、昨年12月真岡市若旅で見つかった野生のオオタカに続き2例目。県は引き続き回収場所の半径10キロ圏内の監視を強化する。

 確定結果が出たのは13日の個体で、14日の個体は検査中。

 一方、環境省は27日午前0時、真岡市若旅のオオタカ回収場所の半径10キロ以内の野鳥監視重点区域指定を解除した。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20170128/2584498

大田原のオオハクチョウの高病原性インフルが確定【産経ニュース2017年1月28日】
 県は27日、大田原市羽田で死んだ状態で発見され、遺伝子検査でA型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたオオハクチョウについて、確定検査の結果、強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)に感染していたと発表した。同日、環境省から確定検査の結果について連絡があった。高病原性の同ウイルス確認は、今季2例目。

 県自然環境課によると、オオハクチョウは13日に死んだ状態で発見され、簡易検査では陰性だったが、遺伝子検査で陽性が確認されたため、北海道大で確定検査をしていた。近くで翌日に発見され、遺伝子検査の結果が陽性だったオオハクチョウについても同大で確定検査を行っている。
http://www.sankei.com/region/news/170128/rgn1701280039-n1.html

http://archive.is/N2fCO
http://archive.is/WnxIm
2羽の野鳥死骸から鳥インフル 大田原【産経ニュース2017年1月18日】(他1ソース)
ハクチョウ飛来地での餌やり、自粛要請 鳥インフル警戒で栃木県【下野新聞SOON2016年12月27日】
環境省、野鳥の生息状況を緊急調査 真岡のオオタカ、鳥インフル検出【下野新聞SOON2016年12月21日】
真岡で回収のオオタカ、高病原性ウイルスを検出 鳥インフルエンザ【下野新聞2016年12月16日】(確定検査結果)

posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: