2017年01月28日

大雪 小屋倒壊、黒鳥1羽死ぬ 彦根 /滋賀【毎日新聞2017年1月28日】

 23〜25日の大雪で、彦根市金亀町の国宝・彦根城の内堀で飼われていた雌の黒鳥1羽が雪の重みで倒壊した小屋の下敷きとなり死んでいたことが分かった。

 倒壊したのは内堀の最も西に設置されていた木製の小屋。草津市内で死亡した野鳥から高病原性鳥インフルエンザのウイルスが検出されたことを受け、彦根市が27日に城内の白鳥と黒鳥の計7羽を隔離する作業を進めていて発見したという。

 隔離作業は堀の水が凍っていたため4羽しか捕獲できず、彦根城管理事務所内に設けた避難所に収容した。残る2羽は30日に再度、捕獲を試みるという。【西村浩一】
http://mainichi.jp/articles/20170128/ddl/k25/040/528000c

http://archive.is/dHKwL
彦根城のコハクチョウを隔離 滋賀で鳥インフル対策【京都新聞2017年1月28日】(※コブハクチョウ/他3ソース)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: