2017年01月28日

霧の銀世界 コハクチョウとコウノトリ共演 豊岡【神戸新聞NEXT2017年1月28日】

飛来したコハクチョウ。近くの人工巣塔にはコウノトリも=豊岡市出石町伊豆
 渡り鳥のコハクチョウが兵庫県豊岡市内に飛来している。28日は同市出石町伊豆の田んぼで4羽が確認され、雪を掘って餌を探すなどしていた。近くの人工巣塔にはコウノトリ2羽がおり、霧が立ちこめる雪景色の中に、鳥たちのシルエットが浮かび上がっていた。

 野鳥に詳しいNPO法人「コウノトリ市民研究所」の高橋信さんによると、コハクチョウは今月中旬から市内の田んぼなどで観察されるようになった。3月ごろ、シベリア方面に飛び立つという。(斎藤雅志)
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201701/0009868457.shtml

http://archive.is/Yu2el

posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: