2017年01月28日

地元建設業、防疫支える 木城鳥フル【宮崎日日新聞2017年1月28日】

 殺処分した鶏を埋却する穴の掘削や、消毒ポイント準備-。川南、木城町で発生した2例の高病原性鳥インフルエンザでは、迅速な防疫措置に成功した影で、地元建設業者の活躍が光った。2010年の口蹄疫の教訓から、防疫を最優先として現場に駆け付け、日ごろ培った特殊技能を発揮。畜産関係者は「防疫に欠かせない存在」と口をそろえる。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23994.html

http://archive.is/xl4td
宮崎鳥インフル 防疫措置を完了【読売新聞2017年1月27日】

posted by BNJ at 22:25 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: