2017年01月31日

鶏舎一部で穴や破損 木城鳥フル【宮崎日日新聞2017年1月31日】(鳥インフルエンザ/木城町/他3ソース)

 木城町高城のブロイラー養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、農林水産省は30日、感染経路などを調べる疫学調査の結果を公表した。発生鶏舎の天井や壁面の一部に、野生動物が侵入できる穴や破損箇所を複数確認した。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_24059.html

鶏舎に複数の穴 宮崎【産経ニュース2017年1月31日】
 農林水産省は30日、高病原性鳥インフルエンザが発生した宮崎県木城町の養鶏場を調査した結果、鶏舎に野鳥など小型野生動物が進入できる穴が複数あったと発表した。調査チームによると、鶏舎にはビニールや金網などを設置して野鳥の侵入防止策を講じていたが、天井や壁に穴があった。
http://www.sankei.com/region/news/170131/rgn1701310067-n1.html

鶏舎に複数の穴 鳥インフル【読売新聞2017年1月31日】
 木城町の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、農林水産省は30日、鶏舎の天井や側面の一部に、ウイルスを運ぶ可能性がある野鳥や小動物が侵入できる穴が複数あったと発表した。

 同省は25日、疫学調査チームを現地に派遣し、ウイルスを検出した鶏がいた鶏舎などを調べた。調査結果によると、最大で幅約10センチ、高さ数センチの穴が複数見つかった。鶏舎の南西約300メートルに流れる小丸おまる川には、渡り鳥のカモ類約100羽がいることも確認した。

 約4・6キロ離れた川南町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生した際も、鶏舎を覆う金網や防鳥ネットに複数の穴が開いていたことが確認されている。

 同省は「渡り鳥が大陸に戻る4〜5月までは、ウイルスの侵入対策などに最大限の警戒が必要」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/news/20170130-OYTNT50046.html

鳥インフルエンザ 木城町の鶏舎の天井など、複数の穴見つかる 農水省が発表 /宮崎【毎日新聞2017年2月2日】
 木城町の養鶏場で発生した今季県内2例目の高病原性鳥インフルエンザで、農林水産省は30日、小型の野生動物が侵入できる複数の穴を鶏舎の天井などに見つけたと発表した。

 同省の疫学調査チームが鳥インフル発生翌日の25日に感染経路を調べた。鶏舎から約300メートル離れた川では、約100羽のカモ類を確認。鶏舎は消毒や野鳥侵入などの対策をしていたが、天井などに穴があった。【黒澤敬太郎】
http://mainichi.jp/articles/20170131/ddl/k45/040/257000c

宮崎の鳥インフル 穴から小動物侵入か【NHKニュース2017年1月30日】
今月、鳥インフルエンザウイルスが検出された宮崎県木城町の養鶏場について、国が調査した結果、小屋の天井や側面に小動物が侵入できる大きさの穴が見つかりました。農林水産省は、こうした穴から小動物が侵入し、ウイルスが持ち込まれた可能性があるとしています。
今月24日に鳥インフルエンザウイルスが検出された宮崎県木城町の養鶏場について、農林水産省は現地に専門の調査チームを派遣して感染経路などを調べました。

養鶏場では野鳥などの侵入を防ぐための金網などが設置されていましたが、ニワトリを飼育している小屋の天井や側面に小型の野生動物が侵入できる大きさの穴が複数見つかったということです。

また、養鶏場からおよそ300メートル離れたところには、カモなどが飛来する川が流れていたということです。こうした状況から農林水産省は、小屋の穴から侵入した小動物によって養鶏場にウイルスが持ち込まれた可能性があるとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170130/k10010858371000.html

鳥インフルエンザ 木城町3キロ圏内を検査、全農場異常なし /宮崎【毎日新聞2017年1月30日】
 木城町の養鶏場で発生した今季県内2例目の高病原性鳥インフルエンザ問題で、県は29日、養鶏場の半径3キロ圏内に設定されている移動制限区域内にある全6農場(計約22万7400羽)の鶏を検査した結果、いずれもウイルスは検出されなかったと発表した。

 25日に検査を実施し目視による臨床検査でも異常はなかった。来月6日に同様の検査を実施し、異常がなければ最短で同10日に10キロ圏内の搬出制限区域が、同17日に移動制限区域がそれぞれ解除される。【尾形有菜】
http://mainichi.jp/articles/20170130/ddl/k45/040/217000c

3キロ圏6農場「陰性」 木城鳥フル【宮崎日日新聞2017年1月30日】
 木城町高城のブロイラー養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで県は29日、発生農場周辺の感染の広がりを調べる発生状況確認検査の結果を公表した。対象の6農場は全て「陰性」で、県は「現時点でウイルスのまん延はないと判断できる」としている。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_24035.html

http://archive.is/x2EX8
http://archive.is/vG5u2
http://archive.is/olYNx
http://archive.is/qriOV
http://archive.is/Lh2NP
http://archive.is/KZjJt
http://archive.is/6hKPk
地元建設業、防疫支える 木城鳥フル【宮崎日日新聞2017年1月28日】

posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: