2017年01月31日

行政ファイル 大田原のオオハクチョウ、鳥インフルウイルス検出せず /栃木【毎日新聞2017年1月31日】

 県自然環境課は30日、大田原市で回収された死んだオオハクチョウから鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったと発表した。オオハクチョウは今月14日に回収され、簡易検査では陰性となっていたが、その後の遺伝子検査で陽性反応が出た。しかし、確定検査の結果ウイルスは検出されず、鳥インフルエンザを発症していなかったことが分かった。遺伝子検査では死滅したウイルスをもっていた場合などにも陽性反応を示すことがあるという。
http://mainichi.jp/articles/20170131/ddl/k09/040/078000c

http://archive.is/HIkeZ
大田原・羽田沼のハクチョウ1羽、高病原性鳥インフル検出 環境省、真岡の監視解除【下野新聞SOON2017年1月28日】
2羽の野鳥死骸から鳥インフル 大田原【産経ニュース2017年1月18日】(他1ソース)
ハクチョウ飛来地での餌やり、自粛要請 鳥インフル警戒で栃木県【下野新聞SOON2016年12月27日】
環境省、野鳥の生息状況を緊急調査 真岡のオオタカ、鳥インフル検出【下野新聞SOON2016年12月21日】
真岡で回収のオオタカ、高病原性ウイルスを検出 鳥インフルエンザ【下野新聞2016年12月16日】(確定検査結果)

posted by BNJ at 21:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: