2017年02月01日

BirdListening 消えゆく鳥たち クマゲラ【毎日新聞2017年2月1日】

「キョーン、キョーン」と鳴く
 北海道と東北の一部に生息する日本最大のキツツキ。黒い体に赤い頭が特徴で、アイヌ語で「チップタッチカップカムイ(船を彫る神)」と呼ばれる。広い森を必要とし、枯れ木の中のアリなどの昆虫を食べる。大きな巣穴を掘り子育てをするが、近年、営巣に適した大木があるような森林が失われつつある。<文・岡本裕子(日本野鳥の会)>
http://mainichi.jp/articles/20170201/ddm/013/070/035000c

http://archive.is/geekl

posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: