2017年02月01日

フクロウ 愛らしさに癒やされ 高崎のカフェ「楽園」【上毛新聞ニュース2017年2月1日】

 群馬県高崎市棟高町のフクロウカフェ「楽園」に入ると、さまざまな種類のフクロウが森林をイメージした店内で出迎えてくれる。来店客がフクロウを腕にのせてなでたり、写真を撮ったりして楽しんでいる。

◎ふわふわ触り心地 13種17羽
 全身が白い羽毛で覆われたシロフクロウや、仮面を付けたような表情のメンフクロウなど13種17羽が“バードスタッフ”として在籍。1番人気はモリフクロウの「モモ」で、黒く澄んだ瞳と柔らかな羽毛でファンを魅了する。初めて来店した会社員の木暮達也さん(31)=同市=は「雪のようにふわふわした触り心地」と驚いていた。

 月曜定休。入場料は1時間1200円(飲み物代込み、中学生以下は800円)。店長の神尾宏美さんは「日常とかけ離れた空間で癒やされてほしい」と話している。

愛らしい姿を写真に収める来店客
http://www.jomo-news.co.jp/ns/6614858750313333/news.html

http://archive.is/PGIHV

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: