2017年02月03日

“迷いドローン”大幅増29機 昨年拾得物70万9341件 千葉【産経ニュース2017年2月3日】(誤認救護/既報関連ソースあり)

 昨年1年間に県内の警察署などに拾得物として届けられたドローンは29機で、一昨年に比べ大幅に増えたことが、県警のまとめで分かった。このうち、落とした人の元に戻ったドローンは1件のみで、“迷いドローン”の大半は持ち主が名乗り出ていない。規制法の施行でドローンの飛行区域が制限されたため、「飛行場所をあれこれ詮索(せんさく)されるのを嫌ったのでは」との推測も出ている。

 県警会計課がまとめた拾得物と遺失物の状況によれば、平成28年に届けられた拾得物は70万9341件で27年に比べ2万5615件増えた。遺失物の届け出は17万8607件で同2122件増だった。

 ドローンの落とし物は、一昨年の9機から一気に29機も届けられた。最も多かったのは成田空港署の6機で、いずれも空港内で箱に入ったままだったという。千葉西署の5機が続く。同課では、ドローンの普及に伴い急増したとみているが、「禁止場所で飛ばしていたやましさから持ち主が現れないのかもしれない」と、27年12月の改正航空法施行により飛行ルールが定められたことが影響したとの見方も出ている。

 届け出のあった遺失物で最も多かったのは、キャッシュカード類(7万3289点)。以下、財布(4万3370点)、健康保険証類(3万6935点)と続く。

 拾得物では、ハンカチやタオル類が9万2187点、傘の5万8945点、プリペイドカード類(5万4610点)が多かった。

 現金の遺失は計約13億7600万円。一方で拾得は5億1500万円となった。100万円以上の高額現金の拾得は14件あり、最高額は昨年1月、千葉中央署管内の飲食店で発見された約850万円。店員が交番に届け、無事落とし主の手元に戻った。高額の落とし物は軒並み持ち主の元に戻り、同課は「優しい県民性が表れている」と分析する。

 このほか、習志野署でモモンガ、千葉西署でハリネズミ、船橋署でフクロウなどの生き物が届けられた。モモンガとハリネズミは持ち主が現れず、拾い主が引き取ったという。フクロウは野生であることが分かったため、間もなく放鳥された。

 佐倉、香取署など6署では、脱走したとみられるヤギなど計6頭が届けられている。例年通り動物の骨壺、位牌(いはい)などの拾得物もあった。
http://www.sankei.com/region/news/170203/rgn1702030009-n1.html
http://www.sankei.com/region/news/170203/rgn1702030009-n2.html

http://archive.is/W92SF
http://archive.is/ZfmT3

旅立ちの時 フクロウを放鳥 しろとり動物園【四国新聞2017年1月14日】
御前崎の公園にフクロウ幼鳥 縁起のいい兆し?【静岡新聞アットエス2017年1月12日】

負傷フクロウを久留米署が保護 小学生が届け出 [福岡県]【西日本新聞2016年12月15日】

「福」呼ぶ?フクロウ 1羽がすみ着き人気者に−防府・宇佐八幡宮【山口新聞2017年1月2日】
フクロウ 福を運ぶか「ふく」…山口・防府の人気者【毎日新聞2016年8月9日】(既報1ソース)
(eひと)野鳥を保護、復帰手助け 「小さな鳥の資料館」館長・池田昇さん 67歳【朝日新聞デジタル2016年11月8日】(誤認救護)
奈良)フクロウの落とし物… 野生だった【朝日新聞デジタル2016年11月5日】
秋田)けがした野鳥発見、どうしたら【朝日新聞デジタル2016年10月14日】
きび談語 野生生物の子を人間が勘違いして保護する「誤認救護」という言葉を初めて知った… /岡山【毎日新聞2016年9月13日】(既報関連ソースあり)
野生動物「誤認救護」に注意 「手差し伸べる前に連絡を」 保護センター、今年8件確認 /岡山【毎日新聞2016年9月3日】

落とし物増加、警視庁困った 昨年、過去最多378万件 傘返還、わずか0.7%【朝日新聞デジタル2016年7月9日】(インコ114羽)

posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: