2017年02月14日

フンボルトペンギン 愛称募集 オス、メスの判明まだ 「ぴったりの名前を」 藤沢・新江ノ島水族館 /神奈川【毎日新聞2017年2月14日】(既報2ソース)

 藤沢市の新江ノ島水族館は、昨年6月に誕生したフンボルトペンギンの愛称を14日から募集する。生後8カ月がたって親離れもすませ、飼育員から魚をもらい自分で食べられるようになった。同水族館は「性別はまだ分からないので、オス、メスどちらでもぴったりの名前をつけてほしい」と呼び掛けている。

 フンボルトペンギンは、南米のチリ、ペルー沿岸に分布しており、南極海からのフンボルト海流が流れる地域の沿岸に住んでいることが名前の由来。愛称を募集しているペンギンは現在体長約70センチ、体重約4300グラムで、成鳥と同じくらいの大きさに育った。特徴でもある胸の黒い帯はまだなく、夏に羽替わりを終えると成鳥と同じ模様になるという。

 募集期間は3月14日まで。館内のペンギンプール横に設置した専用ボックスで応募する。発表は4月22日。同じ愛称が多数の場合は抽選で命名者1人にペンギングッズがプレゼントされる。

 問い合わせは同水族館(0466・29・9960)。【鈴木篤志】
http://mainichi.jp/articles/20170214/ddl/k14/040/157000c

すてきな名前付けてね 新江ノ島水族館【神奈川新聞ニュース2017年2月3日】
昨年6月に誕生したフンボルトペンギンの子ども(新江ノ島水族館提供)
 新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸)は、フンボルトペンギンの子の愛称を募集する。生後8カ月の人気者で、同水族館は「この子にぴったりの名前を付けて」と呼び掛ける。

 ペンギンの子は昨年6月に誕生。現在は親離れをすませ、飼育員から魚をもらい、自分で食べられるまでに成長した(同水族館提供)。体長70センチ、体重4300グラム。性別はまだ分からないという。

 愛称の募集期間は14日〜3月14日で、ペンギンプール横の専用ボックスで応募できる。命名者にはペンギングッズが贈られる。

 問い合わせは、同水族館電話0466(29)9960。
http://www.kanaloco.jp/article/228878/

ペンギンの名付け親に 2月14日から愛称募集【タウンニュース2017年2月3日】
愛称を待ちわびるフンボルトペンギン
 新江ノ島水族館(堀由紀子館長、片瀬海岸2の19の1)は2月14日(火)から、昨年6月6日に生まれたフンボルトペンギンの愛称を募集する。

 このペンギンの1月11日現在の体重は4370g。成鳥と変わらない大きさだが、同種の特徴でもある胸にある1本の黒い帯がまだない。両親は旧・江の島水族館生まれの「グー」(雌)と「トップ」(雄)。

 愛称は3月14日(火)まで同館ペンギンプール横に設置する専用ボックスで応募できる。発表は4月22日(土)午後1時からイルカショースタジアムで実施予定。命名者1人にペンギングッズをプレゼントする(同愛称応募多数の場合は抽選)。

 問い合わせは新江ノ島水族館【電話】0466・29・9960へ。
http://www.townnews.co.jp/0601/2017/02/03/368865.html

http://archive.is/oNH7T
http://archive.is/vIl3b
http://archive.is/4JDyM

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: