2017年02月05日

(売れてる本)『カラスの教科書』 松原始〈著〉【朝日新聞デジタル2017年2月5日】(既報関連ソースあり)

『カラスの教科書』
 ■むしろ人間を怖がっている

 「カラス なぜ鳴くの カラスの勝手でしょ」との替え歌があるが、カラス側に立てば、そうやってネガティブキャンペーンを続ける人間こそ勝手だ。

 「何もしていないのに急に」襲ってくるイメージを持つ人は多いが、カラスはむしろ人間を怖がっている。巣や雛(ひな)を狙う敵とみなした人間を威嚇するまでに、とにかく段階を踏む。いつもの鳴き声「カア、カア」を「カアカアカアカア!」と激しくし、次に、とまった枝をくちばしで叩(たた)き始め、それでもダメなら頭をかすめるように飛んでみる。この辺りでようやく気付いた人間は「急に襲われた」とカラスを煙たがる。急じゃないのだ。

 大学院の博士課程までカラス研究を貫いた動物行動学者による本書は、「お読み頂いた方のカラスを見る目が、明朝は少しでも優しくなることを願ってやまない」と締めくくられる、カラスの気持ちを代弁する一冊。

 カラスは一生を終えるまでに70個ほどの卵を産むとされるが、繁殖するのはごくわずか。かつて石原都政下ではカラスの被害が問題視され、「カラス緊急捕獲モデル事業」と題した捕殺が強化されたが、この手の捕殺は「放っておいても春までに死ぬような奴(やつ)を捕殺してしまっている可能性が非常に高い」という。ワイドショー等が「カラス=悪者」の図式を強めたが、その生態は詳しく問われずじまい。

 生ゴミの臭いを嗅ぎ分けてゴミを漁(あさ)るイメージを持っている人が多いはず。でも実はカラスに嗅覚(きゅうかく)はほとんどない、と伝えれば驚くのではないか。一撃で獲物を仕留める爪を持っていないので、獲物の首筋を必死につつくなどして殺(あや)める。物足りない攻撃力が残虐なイメージを増幅させるという悪循環なのだ。

 古い文献に記されたカラスと日本人の蜜月も微笑(ほほえ)ましい。「カラスと黒猫どちらが不吉でしょうか?」との問いに著者はどう答えたか。「どちらも出会うと楽しいじゃないですか」だ。私たちはもう少し「カラスの言い分」に耳を傾けるべきである。

 武田砂鉄(ライター)

     *

 講談社文庫・778円=7刷2万6千部 16年3月刊行(元の単行本は雷鳥社刊)。担当編集者は「鳥にちょっと興味のある人や、かわいいイラストにひかれる人が手に取っている」。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12782399.html

http://archive.is/8IBJB
今治の吉野かぁこさん カラス女子、記念日制定 友の会や専門誌創刊【愛媛新聞ONLINE2017年1月1日】
評・東えりか『カラスの教科書』 松原始著【読売新聞2016年5月3日】
カラスは人間に仕返しなんてしない!? ほんとはかわいいカラスの生態【ダ・ヴィンチニュース2016年3月25日】(『カラスの補習授業』松原 始:著・イラスト、植木ななせ:イラスト/雷鳥社)
本よみうり堂 書評 短評『カラスの補習授業』 松原始著【YOMIURI ONLINE2016年1月18日】
今週の本棚・この3冊:動物 渡辺佑基・選【毎日新聞2015年5月24日】(「カラスの教科書」松原始著/雷鳥社 「ペンギンが教えてくれた物理の話」渡辺佑基著/河出書房新社)

カラスの教科書
カラスの教科書
posted with amazlet at 17.02.05
松原 始
雷鳥社
売り上げランキング: 4,531


posted by BNJ at 12:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: