2017年02月06日

洞爺湖とうや・水の駅で「北の野鳥たち」写真展19日まで【室蘭民報ニュース2017年2月6日】

 NPO法人洞爺まちづくり観光協会主催の写真展「北の野鳥たち」が4〜19日の会期で、洞爺湖町のとうや・水の駅2階多目的ホールを会場に始まった。かわいらしい小鳥や力強く飛ぶ猛(もう)禽(きん)類などの写真が並び、訪れた観光客らを魅了している。

 会場には、道内各地で野鳥を探し求めている室蘭市在住の大岡徳雄さん、川部正教さん、内藤博史さん、宮崎良一さん、登別市在住の佐藤孝行さん、佐藤明子さんの6人が撮影した季節感と躍動感あふれる42点の自信作が展示されている。

 真冬の夕日を浴びて飛ぶコミミズクをはじめ、雪が降る中でナナカマドの実をついばむヒヨドリ、意外な愛らしさを見せているカラスなど、野鳥のたくましさと美しさをファインダー越しに見事に捉えている。

 同協会の吉川康隆事務局長は「洞爺湖周辺をはじめ、豊かな自然の中で生息するさまざまな鳥たちの姿をぜひお楽しみください」と話している。

 時間は午前9時〜午後4時半。入場は無料。休館は月曜日。
(山本浩)

【写真=写真愛好家6人の力作が並ぶ写真展「北の野鳥たち」】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2017/02/05/20170205m_07.html

http://archive.is/rtFth

posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: