2017年02月06日

平成28年のひな輸入は英国、米国、カナダから【鶏鳴新聞2017年2月6日】

 農林水産省動物検疫所は、このほど平成28年の初生ひなの輸入統計(速報値)をまとめた。
 卵用鶏と肉用鶏を合わせた28年の初生ひな輸入羽数は、前年に比べ16.1%増加し、56万5688羽となった。
 卵用原種鶏の輸入はカナダ、アメリカの2か国から115.1%増の1万9125羽。
 卵用種鶏の輸入はカナダ、アメリカの2か国から2.4%増の10万5899羽。卵用コマーシャル鶏の輸入はなかった。
 肉用原種鶏の輸入はイギリス、アメリカの2か国から9.9%減の19万1198羽。
 肉用種鶏の輸入はイギリス、アメリカの2か国から60.3%増の24万9466羽。肉用コマーシャル鶏の輸入はなかった。
 国別では、イギリスは117.3%増の31万8538羽(肉用原種鶏18万9783羽、肉用種鶏12万8755羽)。
 カナダは113.1%増の7万8834羽(卵用原種鶏8994羽、卵用種鶏6万9840羽)。
 アメリカは107.4%増の16万8316羽(卵用原種鶏1万131羽、卵用種鶏3万6059羽、肉用原種鶏1415羽、肉用種鶏12万711羽)。
 輸入初生ひなの28年の検疫件数は85件で、前年に比べ6件増加した。検疫解放率は、卵用鶏は94.2%(入検13万2684羽、解放12万5024羽)、肉用鶏は96.3%(入検45万7457羽、解放44万664羽)であった。
http://www.keimei.ne.jp/article/20170205n1.html

http://archive.is/nQi0X

posted by BNJ at 21:16 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: