2008年12月29日

朱鷺色の空に 2008初放鳥 敵、餌不足…多難な試み【毎日新聞2008年12月29日】

 放鳥された国の特別天然記念物のトキが冬を迎えます。野生復帰にはどんな難しさがあるのでしょうか。

 野生復帰は、野生で絶滅した動物を人の手で再び野生に戻すことで「再導入」とも呼ばれます。トキの場合、野生に残っていた最後の5羽を81年に捕獲し、人工の環境下で繁殖させる取り組みを本格化させました。幸い、中国から贈られたペアの人工繁殖が成功し、個体数は現在121羽まで増えています。

 佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)に順化ケージを造り、自然に近い環境で放鳥に備え、9月25日に10羽を放鳥しましたが、メス1羽の死が確認されました。野生には敵が多く、餌不足の心配もあります。自立して生きられる環境整備も欠かせません。国内初の野生復帰例となったコウノトリ(05年に放鳥)の場合、地元の兵庫県豊岡市では地域ぐるみで環境活動が進んでいます。

 米国では、イエローストーン国立公園で野生復帰したオオカミが増え過ぎ、生態系や地元住民の生活に影響を与えています。野生を人間の手で制御することは容易ではありません。【元村有希子】
http://mainichi.jp/articles/20081229/org/00m/040/999000c

http://archive.is/lmrUZ
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥3カ月、トキの死 難しい人間との共生 /新潟【毎日新聞2008年12月26日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 トキ放鳥3カ月 模索続く「野生」 餌やりの是非、論議に【毎日新聞2008年12月25日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 3羽を野生順化ケージに 2次放鳥へ本格訓練−−新潟・佐渡【毎日新聞2008年12月24日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 分散飼育地、新潟・長岡市などに決定【毎日新聞2008年12月19日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 「トキに餌を」環境省に要望−−県と佐渡市 /新潟【毎日新聞2008年12月17日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥のメス1羽、死ぬ 「繁殖の期待、がっかり」−−新潟・佐渡【毎日新聞2008年12月15日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 足にけが?餌場で5時間動かず−−新潟・佐渡【毎日新聞2008年12月10日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 関川から新潟へ60キロ移動 「静かに見守って」 /新潟【毎日新聞2008年12月6日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 人類の未来占う実験だ−−「千の風になって」を作曲、作家・新井満さん【毎日新聞2008年1月12日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 別れの舞、興奮の一瞬−−全鳥捕獲直前の5羽を撮影、毎日新聞・岡崎一仁記者【毎日新聞2008年1月11日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/5止 地域振興 人・環境、新たな関係を /新潟【毎日新聞2008年1月8日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/4 順化訓練の成果 環境適応に手探り /新潟【毎日新聞2008年1月7日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/3 冬季湛水とビオトープ 田んぼを「暮らしの場」に /新潟【毎日新聞2008年1月5日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/2 フィーバーと島民感情 中国産にドライな目 /新潟【毎日新聞2008年1月4日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/1 繁殖地の自然環境 再生事業に難問山積 /新潟【毎日新聞2008年1月3日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 佐渡舞う姿夢に 野生復帰へ期待 /新潟【毎日新聞2008年1月1日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: