2017年02月11日

JAバンク、鳥インフルで相談窓口開設【佐賀新聞LiVE2017年2月11日】(佐賀県江北町/他1ソース)

 高病原性鳥インフルエンザが杵島郡江北町の養鶏場で発生したことを受け、JAバンク佐賀は養鶏農家らの経営や融資に関する相談窓口を開設している。

 相談は県内のJA各支所とJA佐賀信連で受け付ける。時間は午前9時〜午後3時(JA佐賀信連は同5時まで)。問い合わせは同融資部融資課、電話0952(25)5158。
http://www.saga-s.co.jp/column/economy/22901/404471

佐賀)続く警戒「天災に近い」 鳥インフル確認1週間【朝日新聞デジタル2017年2月11日】
発生農場につながる道には「関係者以外の立ち入り禁止」の表示があった=江北町

 江北町で発生した高病原性の鳥インフルエンザは11日で確認から1週間になる。ウイルスの感染力は強く、専門家からは「(感染は)ほとんど不可抗力」との声も。いまのところ他での感染は確認されていないが、緊張はなお続く。

 10日午後、発生農場につながる道の入り口では、行き来する車両のタイヤに県から依頼された業者が消毒液をかけていた。道を進むと「関係者以外の立ち入り禁止」の表示があり、場内の様子はわからない。農場を運営する業者の担当者は「一刻も早い再開に向け、(場内では)機械の消毒などを進めている」と話す。

 「消毒や防疫はできる限りのことはやっていた」。県の鳥インフル対策の担当者は、発生農場の対策状況についてこう語る。県によると死んだ鶏が見つかった鶏舎は、冬場は防寒のためのカーテンを閉めていて、野鳥などの動物が直接、中の鶏と接触していた可能性は低い。従業員や車両も消毒しており、県が昨年5月に実施した立ち入り検査でも問題はなかった。

 今年度、全国で確認された鳥イ…

残り:534文字/全文:952文字
http://www.asahi.com/articles/ASK2B3RZQK2BTTHB003.html

緊急監督会議で区間短縮を了承 県内一周駅伝【佐賀新聞LiVE2017年2月11日】
区間短縮を受けて開かれた県内一周駅伝緊急監督会議=佐賀新聞社
 鳥インフルエンザの防疫に配慮した県内一周駅伝大会の区間短縮決定を受け、緊急監督会議が10日夜、佐賀市の佐賀新聞社で開かれた。主催者の佐賀新聞社が短縮の理由を説明、出場13チームが変更を了承した。

 監督会議では、佐賀新聞社の蕪竹真吾営業局長が最終日の2区間の中止について説明。「移動制限区域内を多くの車両が通過することによる防疫への影響が心配される」「コース上に消毒マットが設置されている」「最終日前半ゴール、後半スタート地点の江北町役場敷地内で消毒作業が行われている」などを理由に挙げ、「県民のみなさんに応援していただくためにも、ご協力をお願いします」と各チームの理解を求めた。

 江北町で発生した鳥インフルエンザでは、殺処分した鶏を地中に埋め、鶏舎を消毒する一連の防疫措置は6日に完了しているが、半径3キロ以内の移動制限や幹線道路などでの消毒ポイントの運用は続いている。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10104/404433

http://archive.is/ugytw
http://archive.is/I6VxV
http://archive.is/SuSEa
鳥インフルで相談窓口 県信用保証協鶏肉卸、飲食店向け【佐賀新聞LiVE2017年2月10日】

posted by BNJ at 22:40 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: