2017年02月13日

アホウドリ アホウドリのひな誕生…小笠原・聟島で2例目【共同通信2017年2月13日】(既報関連ソースあり)

小笠原諸島・聟島で誕生したアホウドリのひな。写真中央下、成鳥のくちばしの先にいる=1月16日(東京都提供)
 山階鳥類研究所(千葉県)などは13日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリのひなが小笠原諸島・聟島で生まれたと発表した。聟島を新たな繁殖地にする計画を進めており、ひなの誕生は昨年に引き続き2例目。

 同研究所の研究員が1月12日、約300m離れた地点から望遠鏡で確認した。雌雄は分かっていない。昨年誕生し巣立った個体と両親は同じとみられる。5月ごろに巣立つ見込み。

 小笠原諸島は戦前まで数万羽が生息する繁殖地だったが、乱獲で1930年代に絶滅。残った繁殖地の伊豆諸島・鳥島は噴火の恐れがあり、2008年以降、同研究所などが鳥島のひな70羽を聟島に移送した。
https://this.kiji.is/203771209903652865?c=39546741839462401

天然記念物のアホウドリ 聟島で2年連続繁殖に成功【テレ朝ニュース2017年2月14日】
 小笠原諸島の聟島で人工繁殖が行われている国の天然記念物「アホウドリ」が去年に続いて繁殖に成功し、1羽のひなが確認されました。

 聟島では、2008年からアホウドリの新たな繁殖地を作る保護事業が行われています。東京都によりますと、担当者が先月12日に島を訪れた際に、1組のつがいと1羽のひなを確認したということです。聟島での繁殖成功は去年に続き2例目で、つがいの雄は島で人工飼育され、2012年から毎年、巣作りをしていました。アホウドリは伊豆諸島の鳥島と尖閣諸島でしか繁殖が確認されていません。都などによりますと、火山のある鳥島が噴火すれば繁殖に大きな影響が出ると懸念されています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094305.html

アホウドリ 新天地で2羽目のヒナ 毎日小学生新聞【毎日新聞2017年2月15日】
 東京都とうきょうとの小笠原諸島おがさわらしょとうの聟島むこじまで、国くにの特別天然記念物とくべつてんねんきねんぶつで絶滅危〓種ぜつめつきぐしゅの「アホウドリ」のつがいに、新あたらしいヒナが生うまれたことが確認かくにんされました。昨年さくねんに続つづき2例目れいめです。山階鳥類研究所やましなちょうるいけんきゅうじょ(千葉県ちばけん)などが13日にちに発表はっぴょうしました。

 アホウドリはもともと伊豆諸島いずしょとう・鳥島とりしまで繁殖はんしょくしていましたが、火山活動かざんかつどうを心配しんぱいして、2008年ねんから鳥島とりしまから聟島むこじまへ「移住いじゅう」させる計画けいかくが進すすめられていました。ヒナが誕生たんじょうしたことで、聟島むこじまが繁殖地はんしょくちとして定着ていちゃくすることに期待きたいが寄よせられています。
http://mainichi.jp/articles/20170215/kei/00s/00s/009000c

絶滅危惧種のアホウドリ、小笠原諸島聟島で2年連続ヒナを確認【NEWSSALT2017年2月16日山階鳥類研究所は13日、特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリについて、2008年に小笠原諸島聟島むこじまを巣立ったオス1羽と、野生のメスとのつがいが産卵・ふ化に成功し、ヒナを確認したと発表した。このつがいは聟島北西部で2012年から5年連続の巣作りと産卵が確認されていて、繁殖に成功したのは昨年に続いて2度目。

アホウドリは小笠原諸島では1930年に絶滅していたが、環境省などが2006年から鳥島で生まれた個体を聟島に移送、新しい繁殖地を形成する保護増殖事業を実施。08〜12年までの5年間で合計70羽のヒナを移送し、69羽が巣立った。2014年5月に初めて媒島なこうどじまでヒナを確認、新しい繁殖地でのヒナの誕生は今回で4例目となる。

アホウドリは環境省レッドリストの絶滅危惧II類に指定されている。ミズナギドリ目アホウドリ科で、翼の差し渡しが210〜230cm、体重は4〜5kg。日本では最大級の海鳥。150年前ほどには北大西洋の島々に数十万羽いたと考えられているが、1980〜1900年代に羽毛の採取のために乱獲されたため絶滅危惧種になるまで減少した。現在は伊豆諸島の鳥島と尖閣諸島の南小島・北小島にしか生息しておらず、その個体数は回復して約4200羽(尖閣個体群は除く)と推定されている。

(写真はイメージ)

参考記事
ホウドリ、小笠原諸島全体で2つがいの繁殖成功(2016/05/30)
http://newsalt.jp/society/%E7%B5%B6%E6%BB%85%E5%8D%B1%E6%83%A7%E7%A8%AE%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%AA%E3%80%81%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E8%81%9F%E5%B3%B6%E3%81%A72%E5%B9%B4%E9%80%A3

http://archive.is/GVLMu
http://archive.is/d7OFk
http://archive.is/71g8U
http://archive.is/Ps3fT
アホウドリ移住繁殖成功=伊豆鳥島から小笠原諸島に−山階研【時事ドットコム2016年11月29日】
聟島でアホウドリ繁殖支え 巣立ち見届けず4年前他界の獣医師・渡辺さん【東京新聞2016年6月21日】
アホウドリ 新繁殖地 ひな初の巣立ち【毎日新聞2016年5月24日】
アホウドリひな聟島で初の巣立ち 新繁殖地計画の小笠原【共同通信2016年5月23日】

posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: