2017年02月14日

小笠原諸島 西之島の火口周辺警報を解除 気象庁【NHKニュース2017年2月14日】

4年前の秋からおよそ2年にわたって活発な噴火活動が続いてきた小笠原諸島の西之島について、火山噴火予知連絡会は「噴火が発生する可能性はほとんどなくなったと考えられる」とする検討結果をまとめました。これを受けて気象庁は14日夕方、西之島に出していた火口周辺警報を解除しました。
専門家で作る火山噴火予知連絡会は14日午後、気象庁で定例の会合を開き、各地の火山活動について検討しました。

このうち小笠原諸島の父島の西およそ130キロにある西之島では、4年前の11月からおよそ2年にわたって活発な噴火活動が続き、島の大きさは、元の島のおよそ12倍に拡大しました。その後、おととし11月を最後に噴火は確認されず、噴気の量や火山ガスの放出などは少ない状態が続いているということです。

このため、火山噴火予知連絡会は「西之島では火山活動が低下した状態が続き、噴火が発生する可能性はほとんどなくなったと考えられる」とする検討結果をまとめました。

これを受けて気象庁は、14日午後6時、西之島に出していた火口周辺警報を解除しました。

西之島では、去年の夏に警戒範囲が縮小されたことなどを受けて、去年10月、火山や野鳥の専門家、それに環境省の担当者などが上陸し、島の西側で調査を行いました。

火口周辺警報が解除され、警戒範囲がなくなったことから、専門家は、前回、調査できなかったエリアなど、今後、範囲を広げて再び調査を行うことにしています。
予知連会長「逐一観測できず残念」
小笠原諸島の西之島について火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は記者会見で、「島までの距離が遠いうえ、4年前の11月に火口周辺警報が発表されてからは近づけなくなり、海底火山が成長する過程を逐一、観測できなかったのは残念だった」と述べました。

また、中田節也副会長は「なかなか島に接近できなかったが、日本の近海で噴火活動が起きることは今後も十分に考えられ、観測の在り方を考えさせられた」と述べたうえで、ことしの夏ごろ再び島に上陸して新たな観測点を設けるほか、前回、調査できなかったエリアなど範囲を広げて調査を行うことを明らかにしました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170214/k10010876421000.html

http://archive.is/cTd8h
噴火前の12倍、鳥の姿も 西之島最新映像【読売テレビニュース&ウェザー2017年2月10日】

タグ:西之島
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: