2017年02月15日

写真展 伊佐沼の魅力伝える 川越 /埼玉【毎日新聞2017年2月15日】

 川越市の伊佐沼周辺の四季の自然を撮影している写真愛好家グループ「伊佐沼写真クラブ」(阿部宏会長)が14日から、同市の市立美術館市民ギャラリーで作品展を開いている。入場無料、19日まで。

 会場では、会員13人が撮影した沼の風景や野鳥などの写真50点を展示。四季折々の自然の魅力を伝えている。

 伊佐沼は同市東部にある周囲約2・4キロの県内最大の自然沼。カルガモ、カイツブリ、ゴイサギなど多くの水鳥が見られるほか、周りには200本以上のサクラが植えられ、市内有数の花見の名所にもなっている。【仲村隆】
http://mainichi.jp/articles/20170215/ddl/k11/040/214000c

http://archive.is/xfg6F

posted by BNJ at 21:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: