2017年02月15日

都内で高病原性鳥インフル初確認 3日に死骸で発見【テレ朝ニュース2017年2月15日】(オナガガモ/確定検査結果/他7ソース)

 東京・足立区で、3日に死骸で見つかった野鳥が高病原性の鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが分かりました。都内での感染確認は初めてです。

 3日、足立区で野鳥のオナガガモの死骸が見つかりました。遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、国の確定検査をした結果、高病原性の鳥インフルエンザに感染していたことが分かりました。都内で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたのは初めてです。都は鳥の死骸が見つかった場所から半径10キロ圏内で野鳥の監視強化を継続するとともに、養鶏業者などに対して管理の徹底を呼び掛けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094449.html

都内の野鳥から高病原性鳥インフル初確認 足立区【朝日新聞デジタル2017年2月15日】

 環境省は15日、東京都足立区内で見つかったオナガガモ1羽の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。環境省によると、都内の野鳥から高病原性鳥インフルが確認されたのは初めて。

 死骸は3日に回収された。風評被害を防ぐため、見つかった詳しい場所は公表していない。遺伝子検査で感染が疑われ、北海道大学で詳しく調べたところ、ウイルスが確認された。

 今冬は野鳥の調査で感染が200件以上確認され、過去最多となっている。都内では過去に野鳥の感染が疑われた例はあったが、ウイルスは確認されていなかった。環境省は死んだ野鳥にさわらぬよう呼びかけている。
http://www.asahi.com/articles/ASK2B5WK0K2BULBJ00Q.html

【鳥インフル】都内で野鳥「オナガガモ」から高病原性鳥インフル初確認【産経ニュース2017年2月15日】
 東京都は15日、足立区内で死んでいるのが見つかった野鳥のオナガガモ1羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。都によると、都内の野鳥から高病原性鳥インフルが確認されたのは初めて。

 死骸は3日に見つかり、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ていたため、北海道大学で詳しく検査していた。
http://www.sankei.com/life/news/170215/lif1702150045-n1.html

足立で都内初の鳥インフル確認…野鳥のカモから【読売新聞2017年2月15日】
 東京都と環境省は15日、足立区で見つかった野鳥のオナガガモの死骸から、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。

 都内では初めて。

 都によると、今月3日に足立区内で回収された死骸の遺伝子検査で、7日にA型鳥インフルエンザウイルスを検出。北海道大学での確定検査で「H5N6亜型」の高病原性ウイルスが検出された。

 環境省が既に死骸発見場所の周辺10キロ圏内を「野鳥監視重点区域」に指定しており、都は同省の「野鳥緊急調査チーム」とともに現地調査を実施する。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170215-OYT1T50077.html

東京都内で野鳥から鳥インフルエンザ【FNNニュース2017年2月15日】
東京都内で確認されたのは、初めてとなる。
東京都は、足立区内で見つかったオナガガモ1羽の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
死骸は、2月3日に足立区の住宅街で回収され、簡易検査で感染が疑われたことから、北海道大学でくわしく調べたところ、H5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたという。
家畜ではないため、殺処分は行われないほか、動物園などの展示中止も拡大しないとしている。
都内の野鳥から、高病原性のウイルスが確認されたのは初めてで、都は、環境省と合同チームを作り、野鳥の監視を強化するという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00349960.html

都内で初 野鳥から鳥インフルウイルス検出【日テレNEWS24 2017年2月15日】
 都内で初めて野鳥から高病原性鳥インフルエンザのウイルスが検出された。

 東京都などによると、今月3日、足立区で死んでいるのが見つかったオナガガモ1羽から、高病原性鳥インフルエンザのウイルスが検出された。都内で確認されたのはこれが初めて。

 感染した鳥との濃密な接触などがない限り、人には感染しないと考えられていて、都は野鳥の死骸やフンなどに触らないよう呼びかけている。
http://www.news24.jp/articles/2017/02/15/07354245.html

区内で回収された死亡した野鳥の鳥インフルエンザ感染が確定【足立よみうり新聞2017年2月15日】

 2月3日に足立区内で回収されたオナガガモの簡易検査において、A型インフルエンザウイルスの陽性反応が出ていたが、その後北海道大学で確定検査を行ったところ、H5N6亜型陽性・高病原性であることが15日に判明した。

 足立区では、環境省より指定された野鳥監視重点区域(野鳥が回収された場所の半径10キロ圏内)の監視強化を継続する。また、区民に対し以下の注意喚起を行う。

1.鳥インフルエンザは、感染した鳥との濃密な接触をしない限り、通常では人には感染しない。

2.野鳥のふんなど排泄物に触れた場合も、手洗いとうがいをすれば、過度に心配する必要はない。

3.道路や公園で、カモなどの渡り鳥の死骸を見つけた時は、触らずに足立保健所生活衛生課(電話3880・5375=午前8時30分〜午後5時15分)に連絡すること。

 足立区生物園では、8日から飼育している鳥類への感染防止のため防疫措置を取りながら営業しているが、今回の事態を受け、鳥類の展示を一時中止するが、それ以外の展示は通常展示する。さらに同園の出入口に靴裏を消毒するための消石灰のスペースを設ける。
http://www.ayomi.co.jp/kusei/detail.php?eid=02625&kind=07

東京・足立区のカモから鳥インフル 都内で今シーズン初【NHKニュース2017年2月15日】
今月3日、東京・足立区で見つかった死んだ野生のカモを詳しく検査した結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。都内で検出されたのは今シーズン初めてで、環境省は監視を強化することにしています。
今月3日、東京・足立区で野生のオナガガモが死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たため、環境省は検体を北海道大学に送り詳しく検査しました。

その結果、高病原性の「H5N6型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。

今シーズンは、去年11月に北海道や鹿児島県で野鳥の鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認されて以降、全国各地でウイルスが検出されるケースが相次いでいますが、都内で検出されたのは初めてです。

これを受けて環境省は、専門家などで作る調査チームを派遣し、オナガガモが見つかった場所から半径10キロを重点区域として監視を強化することにしています。環境省は「今回検出されたウイルスは、人に感染するケースは確認されていないが、死んだ野鳥を見つけた場合はむやみに触らず、速やかに連絡してほしい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170215/k10010877471000.html

鳥インフルエンザ  足立の野生カモ確定 都内で初確認 /東京【毎日新聞2017年2月16日】
 環境省は15日、足立区で死んでいるのが見つかったオナガガモ1羽を確定検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。都内の野鳥から感染が確認されたのは初めて。

 死骸は3日に見つかった。環境省は、発見地点の半径10キロを野鳥監視重点区域に指定しており、一部に千葉県と埼玉県も含まれる。
http://mainichi.jp/articles/20170216/ddl/k13/040/212000c

http://archive.is/rPXjn
http://archive.is/FXq40
http://archive.is/0yvKC
http://archive.is/7ypK7
http://archive.is/nckVw
http://archive.is/zpxZu
http://archive.is/UgMdm
http://archive.is/PNo6e
http://archive.is/fxAxe
鳥インフルエンザ 展示中止を拡大 上野動物園など /東京【毎日新聞2017年2月10日】
横浜の市立4動物園 鳥類展示見合わせ 鳥インフル防止【朝日新聞デジタル2017年2月8日】
鳥インフルエンザ 足立の野生カモ陽性 確定検査へ /東京【毎日新聞2017年2月8日】(既報複数)

posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: