2017年02月19日

埼玉)海鳥クロアシアホウドリ、なぜか埼玉で「遭難」【朝日新聞デジタル2017年2月19日】

小鳥のセンター病院で回復したクロアシアホウドリと池谷真樹院長=川口市

 国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定する海鳥クロアシアホウドリが、衰弱してさいたま市内で見つかった。野鳥の保護活動をしている川口市前川4丁目の「小鳥のセンター病院」で手当てを受け、15日夜、無事、海に放された。

 国の特別天然記念物であるアホウドリの近縁種。体や脚が黒褐色で、目元やくちばしの根元、羽の内側などに白い部分があるのが特徴だ。太平洋で暮らし、繁殖期だけ小笠原諸島などの島で生活するという。

 同病院の池谷真樹院長(43)によると、今月6日、さいたま市内の住宅の敷地内で、この家の男性が見つけた。運ばれてきた時は右足首が神経障害で折れ曲がって歩けず、衰弱していたという。

 薬を与え、生のアジやイワシを…

残り:262文字/全文:558文字
http://www.asahi.com/articles/ASK2H44QQK2HUTNB00C.html

http://archive.is/Cq4Ji
海鳥「カツオドリ」の幼鳥、海なし埼玉で確認【YOMIURI ONLINE2015年8月28日】(既報3ソース/関連別ソースあり)

posted by BNJ at 11:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: