2017年02月19日

鳥インフル、大森山はマニュアル策定済み 未整備の動物園も【秋田魁新報2017年2月19日】

 全国の主要な動物園85施設のうち15施設が、高病原性鳥インフルエンザが発生した際に感染拡大を防ぐ対策マニュアルを作っていないと回答したことが18日、共同通信のアンケートで分かった。動物園での鳥インフルエンザは昨年、秋田市と名古屋市で相次いで確認されたが、一部の動物園で対策が遅れている実態が判明した。

 環境省が2011年に定めた指針では、動物園ごとにマニュアルを策定するよう求めている。指針から5年以上がたつにもかかわらず未策定の施設があることに同省は「早急な策定を改めてお願いしたい」と強調。「必要なノウハウを提供する支援体制の整備も検討する」とした。

 一方、秋田市の大森山動物園は、2014年2月に対策マニュアルを作成。環境省の指針を基に、毎年11月から翌年3月を監視強化期間と定め、鳥インフルエンザが疑われる症状がないか毎日観察して結果を記録することや、職員を対象とした予防研修会を行うことなどを独自に定めている。
(全文 531 文字 / 残り 120 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20170219AK0005/

http://archive.is/uUFrw
動物園、鳥インフル対策に遅れ 全国15施設でマニュアルなし【共同通信2017年2月18日】
大森山動物園、来月18日から営業 開園3日間、入園無料【秋田魁新報2017年2月18日】(鳥インフルエンザ)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: