2017年02月22日

タンチョウ撮影マナー守って【釧路新聞2017年2月22日】

  タンチョウが夜間、羽を休める「ねぐら」を間近に見られる鶴居村内唯一のスポットの音羽橋で、訪れる一部の観光客や写真愛好家らのマナーの悪さが目立っている。19日早朝には、同橋から雪裡川の下流200bほどの川岸に侵入し撮影する悪質な事例が発生。警戒心の強いタンチョウの貴重な生息域を脅かしかねないと、地元自然ガイドや関係者は強く警鐘を鳴らしている。
http://www.news-kushiro.jp/news/20170222/201702225.html

http://archive.is/OY0C9
タンチョウさん食べてね 鶴居の給餌場 下幌呂小生らコーン寄贈【どうしんウェブ2017年2月21日】
「タンチョウコミュニティ」が調査報告書【釧路新聞2017年1月17日】(既報1ソース)

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: