2017年02月28日

福井 コウノトリ、51年ぶりの野外繁殖産卵か 越前市【中日新聞2017年2月28日】(既報2ソース)

巣から落ちて割れた卵=越前市菖蒲谷町で(県提供)

 国の特別天然記念物コウノトリが飼育されている越前市菖蒲谷町のケージの中で二十五日、県の飼育員がコウノトリの割れた卵一個を見つけた。二十六日にも一個を発見。ケージの上では県外から飛来した二羽のコウノトリが巣を作っており、野外繁殖としては県内で五十一年ぶりとなる産卵が始まったとみられる。

 二羽のコウノトリは昨春、同市白山地区に飛来し、三歳の雄は十一月中旬に県外へ移動したが、今月三日に“帰宅”。その直後から五歳の雌との交尾行動が確認され、産卵の期待が高まっていた。

 一般的にコウノトリは一週間ほどの間に隔日で一個ずつ二〜五個の卵を産むため、関係者らは引き続き産卵が続くとみている。巣の中を見ることはできないが、卵を抱きかかえたり、くちばしで転がしたりする行動などで産卵したかどうかが判断できるという。

 産卵してひなが誕生すれば、野外繁殖では県内で五十三年ぶりとなるだけに、県の担当者は「悪影響が出ないよう、近寄っての撮影や観察などは控えてほしい」と呼び掛けている。

 (山本真喜夫)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170228/CK2017022802000005.html

野外コウノトリ51年ぶり産卵か 巣の下に割れた卵「可能性高い」【福井新聞ONLINE2017年2月26日】
野外のコウノトリの巣の下で見つかった割れた卵=25日、福井県越前市菖蒲谷町(福井県提供)

 福井県は25日、同県越前市白山地区にある国の特別天然記念物コウノトリの飼育ケージ内で、コウノトリの割れた卵を見つけたと発表した。ケージの上には同地区に滞在している野外の雌雄の巣があり、この雌が産んだ卵の可能性がある。野外での産卵が確認されれば、県内では1966年の小浜市以来51年ぶりとなる。

 2羽は、2013年に兵庫県朝来市で放鳥された3歳の雄と、11年に同県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)内の人工巣塔で生まれた5歳の雌。雄は昨年3月、雌は同4月に白山地区に飛来した。同11月にいったん同地区を離れた雄が今月に戻って以降、交尾行動や巣に伏せる様子が確認されている。

 福井県自然環境課によると25日午前10時ごろ、県が飼育しているコウノトリ「ゆうきくん」の餌容器の回収でケージに入った県の飼育員が、巣の真下近くで割れた卵を見つけた。殻の大きさなどからコウノトリの卵と判断した。同課の担当者は「他地域の繁殖状況などから、(白山地区の)野外の個体が産んだ可能性が極めて高い」と説明する。現在、巣に他の卵があるかは分かっていない。

 コウノトリは通常、1週間程度の間に2〜5個の卵を1日おきに産む。親鳥が一定時間以上、巣に伏せていれば産卵の可能性が高いとされ、今後は県の飼育員のほか、地元の見守り隊や野鳥の会などの協力も得ながら把握する。県は産卵の有無について郷公園の意見も踏まえて判断する方針。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/115949.html

福井でコウノトリが野外産卵…割れた卵を発見【読売新聞2017年2月27日】
 福井県は25日、越前市白山地区で飼育しているコウノトリのケージ下で、割れた卵を発見したと発表した。

 同地区には、2016年3〜4月に飛来したペアが今も滞在しており、県はこのペアが産卵したとみている。野外での産卵は、野生繁殖を進めるための放鳥が始まった05年以来、全国で4例目となる。

 県によると、25日午前10時頃、ケージ内で飼育している雄の「ゆうきくん」の餌の容器の回収に行った県の飼育員が、割れた卵に気づいた。ケージ上部では、13年に兵庫県朝来市で誕生した雄の「みほとくん」と、11年に同県立コウノトリの郷さと公園(豊岡市)から巣立った雌の「ゆきちゃん」のペアが巣を作り、今月上旬から産卵行動が確認されていた。1〜2日以内に産卵したとみられる。

 県内で産卵が確認されたのは、1966年(小浜市国富地区)以来、51年ぶり。県自然環境課によると、飼育下では1週間ほどの間に隔日で2〜5個を産卵するといい、今後も産卵が続き、ひなが誕生すれば、64年以来、53年ぶりとなる。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20170226-OYT1T50075.html

http://megalodon.jp/2017-0228-1137-23/www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170228/CK2017022802000005.html
http://archive.is/2X3MF
http://archive.is/So11J
野外コウノトリの産卵へ高まる期待 福井県内51年ぶり、住民ら見守る【福井新聞ONLINE2017年2月25日】
福井 コウノトリ、産卵期待 越前市【中日新聞2017年2月4日】

posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: