2017年03月04日

「黒いしゃもじ」珍鳥ヘラサギ 夏羽で飛来 鳥取・米子水鳥公園【産経WEST2017年3月4日】

米子水鳥公園に飛来した夏羽のヘラサギ
 鳥取県米子市の米子水鳥公園に2日、夏羽の装いとなった冬鳥ヘラサギが飛来した。春の渡りシーズンで立ち寄ったとみられる成鳥で、短い滞在となりそう。

 公園職員が午前8時半前、観察施設「ネイチャーセンター」近くで姿を確認した。国内では珍しいヘラサギだが、同公園には今季4羽目の訪れで、2月に飛来した幼鳥と入れ替わるように現れた。

 夏羽の特徴の後頭部の長い冠羽(かんう)と、胸が黄金色に染まった装いを披露。水辺で、黒いしゃもじ状のくちばしを左右に振りながら、餌を探している。全長約85センチ。

 ヘラサギは、主に中国中部で繁殖し、同南部などで越冬するが、日本にも少数が渡来している。
http://www.sankei.com/west/news/170304/wst1703040058-n1.html

http://archive.is/C0bJ4
「世界的な希少鳥」くちばしに釣り具、左翼を負傷…クロツラヘラサギ回復し放たれる【産経WEST2016年11月25日】
ヘラサギ ひらり、1羽確認 米子水鳥公園 /鳥取【毎日新聞2016年10月27日】
鳥取)絶滅危惧種・クロツラヘラサギ 米子水鳥公園飛来【朝日新聞デジタル2016年10月21日】

posted by BNJ at 22:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: