2017年03月05日

愛媛)旅に備えて体力作り? 冬鳥のタゲリ【朝日新聞デジタル2017年3月5日】

畑を歩きながら餌をついばむタゲリ=四国中央市土居町津根

 チドリ科のタゲリが、四国中央市土居町の畑や田んぼで、忙しそうに長い冠羽を振って歩いている。歌舞伎のくま取りのような顔で地面をつつきながら、餌を採っている。車を出てカメラを構えると遠のくが、しばらくすると戻ってくる。北へ帰るのに備えた体力作りで、食事に忙しいのだろうか。

 日本野鳥の会県支部編集の「愛媛の野鳥観察ハンドブック」によると、秋に中国東北部や中央アジアなどから来る冬鳥で、県内で10〜3月に見られる。大きさは30センチ余りという。(竹中千広)
http://www.asahi.com/articles/ASK3242CDK32PFIB00D.html

http://archive.is/6wbHc

タグ:タゲリ
posted by BNJ at 12:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: