2017年03月06日

オオワシ 知床の海に舞う /北海道【毎日新聞2017年3月6日】

 世界自然遺産・知床の羅臼町沖に、越冬のため国の天然記念物のオオワシが集まっている。広げると2メートル以上になる翼で空を舞う姿を、クルーズ船に乗った観光客らが、夢中になって撮影していた。

 羅臼町と北方領土・国後島に挟まれた根室海峡にはこの時期、流氷上で羽を休めるオオワシを目当てに、多くの写真愛好家が訪れる。

 川崎市の会社員、後藤穂高さん(60)は「力強くて迫力がありますね」と話しながら、カメラのシャッターを切っていた。
http://mainichi.jp/articles/20170306/ddl/k01/040/114000c

http://archive.is/ozE53

posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: