2017年03月08日

茨城)千波湖などのハクチョウ、数を減らして管理へ【朝日新聞デジタル2017年3月8日】(既報関連ソースあり)

コブハクチョウ(左)とコクチョウ=昨年12月、水戸市の千波湖
 水戸市の千波湖で野鳥の鳥インフルエンザ感染が相次いだことを受けて、水戸市が新年度から、千波湖のコブハクチョウなどの数を減らすために繁殖抑制策をとる方針であることが7日、市関係者への取材で分かった。今後、鳥インフルエンザの感染例が報告された際に、ウイルスの拡散を防ぐ狙いがあるという。

 市公園緑地課によると、4月以降、千波湖のコブハクチョウやコクチョウが産んだ卵を、市が委託する専門家らが「偽卵」と取り換え、繁殖しないようにする方針だ。今後、コブハクチョウなどの繁殖状況や個体数の調査をする。同様の対策は市内の大塚池でも取る予定という。

 昨年12月、水戸市内で野鳥による鳥インフルエンザの感染例が報告された。市は、ウイルスに感染したコブハクチョウなどが移動できないように、羽根の一部を切るなどの対策を検討したが、千波湖はコブハクチョウを含め野鳥の数が多すぎて断念した経緯がある。千波湖でハクチョウを管理する場合は「10羽以下が適正」とする専門家もおり、繁殖を抑えることを決めた。

 市内では昨年11月〜今年1月、鳥インフルエンザで計56羽の野鳥が死んだり、死骸で見つかった。千波湖の感染例が最多で、昨年3月時点で44羽いたコブハクチョウは、30羽が死んだと報告された。

 水戸市では現在、鳥インフルエンザに感染した野鳥が回収された千波湖から半径10キロ圏が「野鳥監視重点区域」となっているが、新たな感染例がなければ11日に解除される見込みだ。(箱谷真司)
http://www.asahi.com/articles/ASK37547ZK37UJHB00H.html

http://archive.is/bMDJc
鳥インフルエンザ 対策の「羽切り」を断念 水戸市 /茨城【毎日新聞2017年1月7日】
和解の白鳥、水戸の変 彦根から贈られ繁殖 鳥インフル猛威、44羽の7割死ぬ【朝日新聞デジタル2016年12月29日】
拡散防止へ羽切り検討 鳥インフルで水戸市【茨城新聞クロスアイ2016年12月21日】

posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: