2017年03月08日

【動画】七面鳥の集団がネコの周りをぐるぐる 鳥たちの儀式?意外な行動について専門家に聞いた【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年3月8日】

動画】ネコの周りを回るシチメンチョウの群れ
 米マサチューセッツ州の住人が、仕事に出かける途中で奇妙な光景に出くわした。野生のシチメンチョウ(七面鳥)の集団が、死んだネコを囲んでぐるぐると回っているのだ。(参考記事:「動物大図鑑 シチメンチョウ」)

「うちではイヌを3匹飼ってますし、魚の水槽も4つあります。自然が好きで、野生動物と触れ合うのを楽しんでいます」と話すのは撮影者のジョナサン・デイビス氏。2017年3月2日、携帯電話でこの動画を撮影した。「こんな光景には、滅多にお目にかかれません」

 デイビス氏がツイッターに投稿したこの動画は、あっという間に拡散。まるで儀式をしているみたいと、いろんな人がコメントした。

 とは言え、これはシチメンチョウたちの信仰活動というわけではなく、おびえているだけのようだ。好奇心と恐怖心とがないまぜになって、このような行動に結びついたのだろう、と米野生七面鳥協会(the National Wild Turkey Federation)の野生生物学者トム・ヒューズ氏が、ナショナル ジオグラフィックの取材に電話で答えてくれた。

「おそらく、死んだか死にかけているネコの態度を不思議に思ったのでしょう。もっとよく見たいのだけど、さりとてあまり近寄りたくもなかったのです」とヒューズ氏。その結果、シチメンチョウたち(ほとんどがメスだった)は輪になってネコの死骸をまじまじと眺めだしたが、相手がとびかかって来るかもしれないので、近寄りはしなかったのだ。(参考記事:「カラスが仲間の葬式をするって本当?」)

 シチメンチョウには群れに従う習性があり、円を描いていたのは、これと関係があると思われる。ミシシッピ大学の生物学者リチャード・バックホルツ氏は、シチメンチョウ、キジ、ニワトリが属するキジ科の鳥がこのような行動をするのを見たことがある、とニュースサイト「The Verge」で述べている。これらの鳥は、自分の前にいる鳥の尾を追うことでひとつの群れとしてまとまる。(参考記事:「特集:群れのセオリー」)

崖っぷちからの復活

 ヒューズ氏によると、野生のシチメンチョウが群れるのは珍しいことではない。秋から冬にかけて、この大型の鳥は何百羽も集まって群れをなす。(参考記事:「慎重な性格の鳥は似た者同士で集まる」)

 しかし、そう遠くない昔のマサチューセッツ州なら、野生のシチメンチョウが集まって輪になるどころか、1羽でもいれば驚くべきことだったそうだ。

 植民地となる以前の北米大陸には、少なくとも1000万羽の野生のシチメンチョウが生息していたと考えられている。ところがヨーロッパからの植民がはじまると、鳥たちは乱獲され、生息地を奪われ、その結果、生息数が激減した。18世紀後半には、野生のシチメンチョウはニューイングランドから事実上いなくなり、マサチューセッツ州では1874年までに絶滅した、とヒューズ氏は言う。(参考記事:「特集:植民地建設当時のアメリカ」)

 1930年代、シチメンチョウの生息数はどん底まで落ちた。全米における生息数はわずか20万羽となり、植民前の2%にまで低下した。国としてはもうこれ以上、在来種の鳥を絶滅させるわけにはいかなかった。1918年、確認されているなかで最後のカロライナインコがオハイオ州のシンシナティ動物園で死んだ。その4年前には、同じケージで、確認されているなかで最後のリョコウバトが死んでいる。(参考記事:「リョコウバト、100年ぶりの復活へ」、「絶滅した動物は復活させるべきか?」)

 シチメンチョウの生息数を増やすため、ハンターや自然保護主義者、州や国の野生生物保護当局が一丸となって、何十年にもわたり努力を重ねた。主に、条例による狩猟の制限、生活の手段としての狩猟を減らす、そして野生のシチメンチョウを罠で捕獲して新しい生息地に移動させるなどの対策が取られた。(参考記事:「動物600頭の狩猟権オークション始まる」)

 ヒューズ氏によると、現在、全米には600万羽以上の野生のシチメンチョウがおり、アラスカを除く全米各州で今後も生息していけると思われる。「驚異的な復活を遂げてくれました」と彼はつけ加えた。

 とりわけマサチューセッツ州での回復は見事だった。州のシチメンチョウが死に絶えてから140年後となる2014年時点で、同州の野生のシチメンチョウの生息数は3万羽となった。そのなかに、ネットで一躍有名になったあの群れがいる。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/030700064/

http://archive.is/uFggd

posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: